続・今日もやっぱりかえる顔

なぜか巻き起こってしまうまぬけな日常を、ひらがな中心のまぬけなテイストでお届けします。ときどき乃木坂46。

乃木坂4618thシングル選抜メンバーに3期生の選抜入りを予想してみた

こん○○は、かえるがおです。

今回は、近々発表される乃木坂18thシングル選抜メンバーの予測を、勝手にやってみようという企画です。

もちろん今後の展開や個々の事情、ビジネスインパクトなど、部外者には計り知れない要素もあると思いますので、部外者なりの独断と偏見で考えていきたいと思います。


現在の乃木坂46の活動の流れを見る限り、ずばり18thシングル選抜メンバーに3期生が選ばれる可能性は高いと思います。

NOGIBINGO!8オープニング
出典:日本テレビ「NOGIBINGO!8」オープニング

 

 

3期生の位置づけ

 

3期生の選抜入りの根拠として、最近の番組への露出の増加を上げたいと思います。乃木坂工事中だけでなく、NOGIBINGO!8は3期生中心の番組となりました。

確かに「あさひなぐ」の舞台化映画化で主要メンバーが多忙な時期ではありますが、多忙な時期でもこれまでは、3本撮りや収録間隔を短くしてまで取り組んできたNOGIBINGOを、3期生中心の番組にするということは、制作側の3期生を知名度を上げようという意図が感じられます。

また、2期生の加入時との大きな違いは「研究生」という言葉を使わないことです。2期生は乃木坂結成後早い段階で加入したため、主にメンバーの増員という意味合いも大きかったかと思います。

3期生は2期生加入からすでに4年が経過しているため、メンバー増員以外にも、メンバーの年齢層を幅広くする狙いがあったと思います。1期生最年少だった齋藤飛鳥さんも高校を卒業した現在、空洞化した中学生、高校生メンバーを補充する意味合いもあったと考えるのが自然です。

乃木坂がこれからも長く続くために、また幅広い年齢層のファンを取り込むことができるように、年齢層を広げる必要があったと思います。3期生が加入したことで、結果的に欅坂46の平均年齢を下回ることになりました。

以上のことから、3期生メンバーを前面に出して売り出した意図を考えると、早期の選抜入りを意図している可能性が大きいと思う結果となりました。

 

ブログのコメント数で比較

 

では3期生の中でどのメンバーが選抜入りするのか、勝手に予想を立ててみたいと思います。今回比較の対象とする基準は、乃木坂公式ブログのコメント数の過去5回の平均値で比較したいと思います。

名前 平均 前回 2回前 3回前 4回前 5回前
山下美月 1768 1574 1724 2019 2388 1136
久保史緖里 1580 1523 1549 1773 1728 1326
与田祐希 1531 1203 1957 1637 1631 1228
梅澤美波 1125 1213 1349 1276 892 894
伊藤理々杏 1033 757 1148 1195 1207 860
大園桃子 803 706 900 1041 724 642

 ※3期生上位6名(2017/05/14現在)facefrog.net調べ


単純にブログのコメント数だけで比較をしてみると、山下美月さん、久保史緖里さん、与田祐希さんの順番になりました。順番はわかっても、そもそもコメント数の基準がわからなかったので、1期生、2期生メンバーでも調べてみました。その結果が次の通りです。

 

名前 平均 前回 2回前 3回前 4回前 5回前
西野七瀬 4663 4637 3771 3574 4232 7102
齋藤飛鳥 3794 3305 5496 3595 4431 2143
白石麻衣 2324 2319 3174 2201 1817 2111
衛藤美彩 1851 1279 1565 2182 2187 2042
高山一実 1442 614 1726 1071 1045 2754
若月佑美 1241 1346 836 868 1603 1550
生田絵梨花 1112 1099 1044 1493 820 1102
樋口日奈 944 687 877 853 1152 1152
寺田蘭世 915 632 890 1107 1093 855
渡辺みり愛 869 793 679 1259 827 785
新内眞衣 866 839 888 1008 651 943
生駒里奈 865 877 766 975 1019 689
伊藤万理華 842 603 668 800 943 1196
星野みなみ 831 739 888 756 1030 742
堀未央奈 827 918 664 620 1112 819
秋元真夏 737 688 903 581 700 815
井上小百合 667 541 672 701 584 835
斎藤ちはる 594 314 670 1012 670 305
松村沙友理 563 597 400 696 562 558
中元日芽香 556 550 615 494 459 661
桜井玲香 518 468 455 570 564 533

※1,2期生上位21位名(2017/05/14現在)facefrog.net調べ
 
今回はあくまでブログのコメント数の比較です。ブログの更新頻度が多いメンバー、またお仕事をセーブされているメンバーはとても不利な条件です。また、3期生はまとめて1つのブログの構成になっているため、個別のページ構成の1,2期生に比べてPV(ページにアクセスされる数)が格段に増えます。

また、コメントを残すというのは比較的コアなファンなので、ライトユーザーの指標にはなりません。ご注意ください。

まぁ1つの尺度にしかならない数字ですが、3期生と1,2期生を比較すると、3期生の山下さん、久保さん、与田さんは全体でもかなり上位のコメント数であることがわかりました。

これだけ人気がある以上、3期生を1人ではなく2人もしくは3人のメンバーが選抜入りするという可能性も現実味を帯びてきたかと思います。

 
また、3期生の加入で46名となった乃木坂のメンバー数を考えると、今後は17thシングルの選抜メンバー21人を基本として、プラスマイナス3人くらいで推移するのでのではないかと思います。

3期生で誰が選抜入りするのか


では、3期生メンバーの中で誰が選抜入りするのか予想してみたいと思います。
ファンの反応はコメント数で確認できたため、今回はそれに加えて管理側の意図が伝わる、3期生の集合写真をもとに考えていきたいと思います。

まずは3期生合格発表時の集合写真です。

3期生メンバー決定

出典:乃木坂46OFFICIAL WEB SITE乃木坂3期生メンバー決定!

 

次は3期生のプリンシパルの時の集合写真です。

3人のプリンシパル

出典:音楽ナタリー「3人のプリンシパル」開幕

 

オーディション合格時と異なり、プリンシパルの時の集合写真の前列6名は、左から伊藤理々杏さん、久保史緖里さん、山下美月さん、大園桃子さん、与田祐希さん、吉田綾乃クリスティーさんと変わっています。

さらに「NOGIBINGO!8」の紹介順です。

NOGIBINGO!8オープニング

出典:日本テレビ「NOGIBINGO!8」オープニング


センターが大園桃子さん、山下美月さん、久保史緒里さんと並んでいます。ご存知のようにNOGIBINGO!の紹介順はとってもシビアで、これまでセンター、福神、選抜の順番で紹介されていました。いくつか例外はありますけどね。

NOGIBINGO!のオープニングを見る限り、大園さん、山下さん、久保さんを番組制作サイドが推していることがわかります。

今回かえるがおでは、NOGIBINGOのオープニングの3人に加えて、ブログのコメント数が多かった与田祐希さんを加えて、4人を選抜メンバー入り候補に挙げてみたいと思います。

選抜メンバー予想:山下美月、久保史緒里、与田祐希、大園桃子

個人的には、大園さんの選抜入りは、本人にとってもつらい選択になるかと思います。メンバーにとっても、ご本人の負担を考えると、今後乃木坂の未来を背負っていくべく、今はじっくり育ってもらった方がいいのではないかと思います。

これまでの選抜メンバーの選び方を見ていると、乃木坂の運営の方々も、メンバーの気持ちの面のフォローはしっかりしていると、わたしは思っています。メンバーが多くなるとそれだけ管理工数も多くなるのですが、しっかりと個々のメンバーへのケアや管理がされているのではないでしょうか。

センターを予想してみる

17thシングルは橋本奈々未さんの卒業を危機的状況ととらえて、Wセンターの新体制で乗り切りました。結果的にはAKB以外では16年ぶりの2作連続ミリオンという偉業を達成することになりました。
 


このことで、次のシングルのハードルが上がっていることも確かです。しっかりした人気メンバーをセンターにしたいという意図が見えてきます。

また、17thシングルでは西野七瀬さん、白石麻衣さんの両エースを起用したため、次のシングルでどちらかの一人をセンターにする選択ができません。

前回のWセンター13thシングル「今、話したい誰かがいる」の次のシングルは、卒業する深川麻衣さんがセンターをつとめました。

西野さんでも白石さんでもない、人気が安定していて、売り上げが見込めるメンバー。

以上の条件から考えると、前回「裸足でSummer」で夏曲の成功もあるので、齋藤飛鳥さんを本命にしたいと思います。

齋藤飛鳥お粗末様でした

出典:テレビ愛知「乃木坂工事中」#102

急きょメンバーの卒業があれば、深川さん、橋本さんの時のようにセンター抜擢の可能性があるかと思います。以前の記事に書いたように、個人的に白石麻衣さんの卒業はないと思っています。

 


3期生のセンター抜擢については、新体制2枚目のシングルで、2作連続ミリオンを達成中のため、荷が重いとは思いますが、山下美月さんを上げておきます。

山下さんはまじめなだけでなくしっかりしていて、アイドルとしての覚悟が既に出来上がっているメンバーで、現段階で選抜に入っていてもおかしくありません。センターに抜擢されれば、人気メンバーになることは間違いなく将来性は抜群だと思います。

ただし、ほかのメンバーのモチベーションということを考えると微妙です。2期生の半分がまだ選抜経験がない中での3期生のセンター抜擢には、メンバーへのコンセンサスをとることが最も重要だと思います。

インパクトが大きく、人気メンバーに成長することで最終的には乃木坂全体の底上げになり、ブランド力をあげるこにつながるという認識を、みんなで共有することが前提です。

17thシングルアンダー楽曲「風船は生きている」のセンターだった、渡辺みり愛さんの初の選抜入りも、これまでで一番期待できる状況にあると思います。

17thシングルヒット祈願キャンペーン渡辺みり愛



9thシングル「ここにいる理由」の伊藤万理華さん、11thシングル「君は僕と会わない方がよかったのかな」の中元日芽香さんを除いて、アンダーセンターは過去16シングルのうち14シングルで、2作以内に選抜メンバー入りしています。

伊藤万理華さんや中元日芽香さんの場合は例外で、その後続けてアンダーセンターを続ける例です。のぎ天2でのMC、17thシングルキャンペーンの南沢大滝の氷瀑を登るアイスクライミングで頑張る様子を見る限り、選抜入りはかなり近いのではないでしょうか。

 

 

最後に


今回の記事は1ファンが勝手に独断で、18thシングルの選抜メンバーを予想するという記事でした。ファンにとってはとっても楽しみな選抜発表ですが、メンバーの皆さんにとってみれば、本当に命を削られるくらいの思いで、取り組まれています。

今回の記事は、内部の事情もまったく知らない、第三者の一ファンの記事のため、実際と異なるところもたくさんあると思います。お詫びさせてください。

ただ、メンバーのみなさんは、選抜に入っても入らなくても、それぞれの場所ですごく輝かれていると思います。そのため、過去記事も含めてその輝きを残そうと思って、かえるがおというブログを書いているということだけは、いいわけさせてください。

今後もメンバーのみなさんひとりひとりの活躍を楽しみにしています。
以上今回のかえるがおでした。