続・今日もやっぱりかえる顔

なぜか巻き起こってしまうまぬけな日常を、ひらがな中心のまぬけなテイストでお届けします。ときどき乃木坂46。

乃木坂46西野七瀬と齋藤飛鳥がゴシップ記事のターゲットにされる本当の理由

こん○○は、かえるがおです。

今回も最近多い乃木坂46やそのメンバーについて、本当かどうか定かではないマイナス記事が多い問題を取り上げたいと思います。

特に最近のターゲットは、なぜか西野七瀬さん齋藤飛鳥さんの2人に向けられているようで、2人の記事を目にすることが多いです。正直個人的に本当かどうか検証されていないマイナスな内容の記事を見るのは、あまり気分のよいものではありません。


これまでも何度か話題になったマイナス記事の内容を検証してきましたが、今回は根本的な問題として、なぜ本当かどうかわからない、確度の低いマイナス記事を掲載するのか、という本質に迫ってみたいと思います。

こんな記事は読みたくないという乃木坂ファンの方も多いと思いますので、この類の記事はできれば今後は書きたくないと思っています。

出典:テレビ愛知「乃木坂工事中」#125

 

 

 

メンバーの歌唱力は忘年会レベルで生歌で醜態をさらしたのか

 

あるWebニュースサイトに、乃木坂、メンバーの歌唱力は忘年会レベルで生歌の醜態を晒しているとの記事が出ました。

ちなみにこのニュースサイトの記事は、少し前までは「乃木坂は口パク」と書かれていたのが記憶に新しいところですが、現在は生歌と判断されているようです。

記事の根拠として挙げられているのが以下の3つのシーンです。

2017年9月
ミュージックステーション 生歌で熱唱するも、声量はまったく足らず、音程も不安定だった
2017年10月
CDTVスペシャル! ハロウィン音楽祭2017 声がかすれ音を外した。他のメンバーのソロでも同様に音程が定まらず、生歌のリスクを露呈した
2016年6月
乃木坂46ガチ歌合戦 歌唱力が低く終始やる気のなさが感じられた。『宴会』『ルックスを抜いたら素人レベル』という声があがった


一応ニュース記事として書かれた以上は、記事に指摘されたシーンを簡単に確認してみました。2017年9月のミュージックステーション出演時の様子はすでにHDDレコーダーから削除していました。すみません。

ハロウィン音楽祭2017のパフォーマンスシーン


ハロウィン音楽祭2017は2曲披露されていましたので、「ガールズルール」のパフォーマンスか、「いつかできるから今日できる」のパフォーマンスなのか、2つの可能性があります。

早速もう1度確認してみました。

「ガールズルール」は乃木坂メンバーが、子どもが将来なりたい職業にコスプレしてのパフォーマンスで、とっても楽しそうなパフォーマンスが印象的でした。

 

出典:TBS「ハロウィン音楽祭2017」

いつも例に出してすみませんが、まなったんのシーンでまなったんの声が聴こえてこないことと、少し歌詞がずれていることから、このパフォーマンスは実際に歌っていなかったパフォーマンスだったと推測します。

そもそもこのハロウィン音楽祭2017って、ほとんどのアイドルさんが実際に歌っていませんでした。

重要なのは実際に歌っているかではなくて、番組の特性上どれだけすばらしいパフォーマンスができるかが勝負だと思うのです。その点において、すごく楽しそうな乃木坂のパフォーマンスはとってもすばらしいと思いました。

乃木坂のパフォーマンスのときにMCのアナウンサーの方が、出演者の方とおしゃべりをされていたことの方が、わたしは個人的には気になったくらいでした。


出典:TBS「ハロウィン音楽祭2017」

 

※あんまりよくないのですが、Dailymoitonから動画をお借りしました。賞味期間は短めです。お早めにどうぞ。
「いつかできるから今日できる」のパフォーマンスの方はさらに微妙です。センターの飛鳥ちゃんがいないため、卒業する伊藤万理華さんがセンターを務めるという感動的なシーンでした。

その半面、歌割りが違いますので、歌入りの音楽を流しておくということができません。もともと「乃木坂工事中」#125の、初披露のときのパフォーマンスを見てみるとよくわかるのですが、この楽曲に用意されたオケが、最初の部分の歌唱が若干不安定に聞こえなくもないオケだったりします。

西野さん、白石さん、万理華さん、堀さんの歌い出しのうち、西野さん、白石さん、堀さんの部分はとっても初披露の時に似ていました。ただ、万理華さんの部分は本来は飛鳥ちゃんの歌割りなので、生歌か、別撮りであることは間違いないでしょう。

そのあとの衛藤さん生田さんのパートから、急にマイクのエフェクトの種類が変わりました。


出典:TBS「ハロウィン音楽祭2017」


このことから、生歌もしくは生歌の録音+完成された楽曲を利用してのパフォーマンスと推測します。あくまで1ファンの推測なので事実と異なる可能性があります。ご承知おきください。

確かに最初の出だしは、声が出にくそうに聞こえなくもないので、この辺の説明は後に回したいと思います。


出典:TBS「ハロウィン音楽祭2017」


それよりなにより、この時の「いつかできるから今日できる」のパフォーマンスする西野さんを見て、感動して3回も見に行った映画「あさひなぐ」を思い出してしまい、個人的に胸が熱くなりました。

また、このパフォーマンスは卒業するまりっかさんがセンターを務めるという、乃木坂ファンには重要な意味を持つパフォーマンスでした。キラキラ輝きながらパフォーマンスをするまりっかさんを見て、とても感動してしまいました。もちろん個人的意見です。

※あんまりよくないのですが、Dailymoitonから動画をお借りしました。賞味期間は短めです。お早めにどうぞ。

 

 

乃木坂46時間テレビでのパフォーマンス


次に例に出されているのが、ずいぶん前の2016年6月の「乃木坂46時間テレビ」内の企画「乃木坂46ガチ歌合戦」の西野七瀬さんと深川麻衣さんの「悲しい熱帯魚」のパフォーマンスでしたので、早速確認してみました。

これも簡単に項目だけ触れますが、西野さんはオリジナルのWinkの雰囲気を出すために、直前まで鏡を見て無表情でパフォーマンスができるように確認したことを語っています。

もともとオリジナルのWinkが無気力そうに見えるパフォーマンスが特徴的なアイドルだったので、その世界観を再現しようとしていたことがわかります。

否定的に書かれた歌唱力も、ちゃんと判断できるようにバンドのレコーディングに使っていたヘッドセットを持ち出して、ちゃんと聞いてみました。

出典:YouTube乃木坂46ガチ歌合戦 - 深川麻衣 西野七瀬「悲しい熱帯魚」【乃木坂46時間TV】※かなり賞味期限が短めです。ご注意ください

確かに最初は声がちょっと出ていないようにも聞こえなくもありません。ハロウィン音楽祭の時にも声が出ないのは最初だけでした。

歌っていて最初の部分の声が出ないケースは、歌唱力がない場合だけでなく、声を出していない状態から急に声を出した場合や、のどの不調や、楽曲のキーがあっていない場合など、たくさんのケースが想定されます。

このパフォーマンスを最後まで聞けばわかるのですが、すぐに持ち直して、最後のおつりの部分の難しいファルセットまで見事に声が出ています。このことから、声を出していない状態から、急に声を出した場合だったと推測します。

このパフォーマンスで歌唱力がすごくうまいとまではいいませんが、西野さんのパフォーマンスについて、個人的にはとっても満足して楽しませてもらった、思い出深いパフォーマンスでした。

もともとボーカリストとしての西野さんが光る楽曲はこういうアイドルソングではなく、淡々と感動を綴る、おしゃれ系アーティストが歌うようなで静かな楽曲だと思います。そういう楽曲の表現力はものすごく、感動が溢れてくるタイプのボーカリストさんです。

出典:乃木坂46時間テレビ

宴会レベルという指摘について

記事の中では忘年会や宴会レベルと指摘されています。この指摘については、まさしく宴会だったと同意したいと思います。そもそもお祭り要素が強い46時間テレビでの1つの企画に過ぎません。

80年代アイドル対決や、ホットパンツ対決、井上陽水さん対決、リップシンク(口パク)対決など、歌唱力を披露する要素がまったく見当たりません。

口パク対決では、和田まあやさんによる和田アキ子さんのものまねで爆笑をさらってましたし「ああ、すごくうまい!」って感動する要素が1㎜もない企画だと認識していました。

強いていうなら。マイクも歌唱用のマイクでなく、エフェクトも効いていなかったのに、バンドでボーカルやってただけあって、エフェクトなしのマイクで歌うのに慣れていた伊藤かりんさんの歌声に、表情があって光っていたのが印象的でした。


出典:YouTubeチーム対抗! 乃木坂ガチ歌合戦 9回戦 ロック対決※かなり賞味期限が短めです。ご注意ください

対戦するひめたんもパワフルな歌声です。アップテンポのノリの良いリズミカルな楽曲を歌わせると、ひめたんはすごいと思います。あくまで個人的意見ですので、苦言は受けつけておりません。

広島アクターズスクールの発表会で見せた歌唱シーンより、もっとキラキラ輝いていました。

中元日芽香 LOVE2000
出典:乃木坂46時間テレビ

 

乃木坂の代表曲についての見解

また以前ニュースサイトの記事では乃木坂はみんなが知っている代表曲がないと書かれていましたが、最近の関連サイトの記事では、東京メトロ千代田線乃木坂駅の発車メロディーの『君の名は希望』、また『制服のマネキン』『ガールズルール』『サヨナラの意味』を推す人がいるとまで書かれています。


終始記事の基本的なよりどころとなるはずの周知の事実に対して、プロのライターさんに意見を申し上げるのはおこがましいですが、素人レベルでは一貫性が残念ながらないように感じてしまったのが率直な感想です。

齋藤飛鳥についてのニュース記事


飛鳥ちゃんの記事についても読ませてもらいましたが、なかなかわたしレベルでは、内容を理解することができませんでした。

まず、歌詞を意図せずまちがってしまったことを取り上げた記事ですが、飛鳥ちゃんのその後の対応はとっても迅速で危機管理の立場から言っても完璧な素晴らしい対応でした。今後大きな問題にはならないし、しこりを残すこともないといってもよいくらいに、素晴らしい対応です。

 


そもそも歌詞をたった一言だけまちがえてしまうというのは、アーティストならあるあるネタです。歌詞をまちがったことがないアーティストにこれまでであったことがありません。そのたった一言を聞いて、不快に思った方がいたから正直に謝罪をしただけです。

不快に思うには理由があるわけで、メンバーに対する愛情以外に、嫉妬という感情も正直あったことでしょう。乃木坂メンバーが男性アイドルと共演することで、乃木坂ファンがちょっぴりやきもきするのと同じです。

このことについて、飛鳥ちゃんが性悪とは全く思えないし、記事を書いた方はご存知ないかもしれませんが、表現する言葉とは裏腹にめちゃくちゃ内面がやさしいメンバーだとわたしは思っています。

あ、逆切れとの表現もありましたが、素直に謝った文章を読んで、逆切れと感じる方は、読解力を疑われることにもなるので注意が必要だと思います。

その他の飛鳥ちゃんの記事については、あえてここで言及するまでもないと思う内容でしたので、割愛させてください。

 

 

さらにニュース記事が続く本当の理由


この記事を書いてる途中にも、またひとつ西野さんについての真実かどうかの検証がとぼしい記事が公開されていました。読ませていただきましたが、触れるまでもなく乃木坂ファンであれば誰でも真偽がわかる内容の記事でした。

では、なぜ西野七瀬さん、齋藤飛鳥さん、そして乃木坂46がゴシップ記事のターゲットにされてしまうのでしょうか。ようやくたどり着きました。今回の本題はここにあります。前置きがとんでもなく長かったです。すみません。

GoogleのサービスのひとつにGoogleAdwordsというサービスがあります。この中の「キーワードプランナー」では、月間推定Googleでどれくらいの回数が、その検索ワードで検索されるかがわかります。
※ちなみに無料で利用しているため概数しかわかりません
 

月間検索回数予測
・乃木坂46 100万~1000万回
・西野七瀬 10万~100万回
・齋藤飛鳥 10万~100万回 (敬称略)


乃木坂関連ワードでものすごい途方もない回数が、Google検索で検索されていることがわかります。このことはイコール、乃木坂や西野さん、飛鳥ちゃんの話題を扱えば、たくさんの検索したユーザーさんが自分のサイトに訪れてくれることを意味しています。

正直この検索結果の恩恵を受けているサイトの1つがかえるがおです。西野さんや飛鳥ちゃんに興味があって、検索するユーザーさんが多いから、このブログもちっちゃい個人ブログなのに、たまーにアクセスしていただける方が存在します。

ゴシップサイトさんは、ぶっちゃけ生活がかかっている職業としてニュースサイトを運営されています。アクセス数を稼ぐことが最優先課題で、アクセスが下がることは正真正銘の死活問題です。

そのため、多くのユーザーのアクセスを期待できる、「乃木坂46の話題」、「西野さんの話題」そして「飛鳥ちゃんの話題」に記事を書くだけの根拠がなくても、触れる必要がある、お宝コンテンツだと考えます。

 

乃木坂ファンとしての考えてみた


事実ではない内容の記事を公開されてしまうと、一番心を痛めるのは乃木坂メンバー自身です。あまりに内容が事実とかけ離れている場合、名誉棄損や人権侵害といった法的な問題に発展する可能性すらあります。

一方、ほんのちょっとの番組出演でも、乃木坂の出演を見逃すことなく記事として公開されているという側面もあります。

担当の記者さんは、それだけ乃木坂の活躍を逐一チェックして見ているということも見えてきます。いつかは乃木坂のパフォーマンスに魅せられてファンになってもらえる可能性すらあります。乃木坂にはまってしまったわたしのようにですw

仕事である以上、アクセス数を確保することが死活問題だということも理解しておくことも大切です。

 


また、ニュース記事に乃木坂が頻繁に登場するということは、乃木坂に対しての宣伝効果という意味合いもあります。無料で乃木坂についてWeb媒体で宣伝してもらえるだけでなく、内容があまりにも事実とかけ離れていた場合は、読者の乃木坂に対する同情と共感というプラスの効果もあります。

ユーザーも正しい情報と正しくない情報を選別する能力があります。あまりにも事実と違う場合には、ゴシップサイトさんの記事でも、記事を掲載されたサイトの信用を失墜することにもなりかねません。

わたしもいちいち事実でない記事について、反論してきたことには十分反省をして、乃木坂メンバーについて、宣伝活動をしてもらっていると思うことにしたいと思います。それが大人の対応のように思えました。

 


もちろん、あまりにも度が過ぎた記事については、真実を示すためにも、乃木坂メンバーの名誉のためにも、今後も記事にしたいと思います。

以上今回のかえるがおはここまでです。
めずらしく結構すばっと書いてしまったので、賛否両論あるんだろうなぁとおもいつつおしまいです。