続・今日もやっぱりかえる顔

なぜか巻き起こってしまうまぬけな日常を、ひらがな中心のまぬけなテイストでお届けします。ときどき乃木坂46。

チケット転売サイトのサービス停止による乃木坂46への影響を考える

こん○○は、かえるがおです。

今回はチケット転売サイト「チケットキャンプ」を運営するミクシィの子会社である株式会社フンザが、商標法違反および不正競争防止法違反の容疑で捜査当局による捜査を受けて、サービスを一時停止した話題を取り上げたいと思います。

乃木坂のイベントでも身分証偽造問題をきっかけに、本人確認を厳密に行われるようになってきました。

今回のかえるがおでは、チケット転売サイトのサービス停止で、乃木坂46と特に乃木坂46ファンにとって、どんな影響があるのかを調べてみました。

10代の心配している乃木坂ファンでもよくわかってもらえるように、簡単にまとめてみたいと思います。

チケットキャンプのサービス一時停止

出典:チケットキャンプのサービス一時停止につきまして | チケットキャンプ

 

 

チケットの高額転売について


このブログでは、何度かチケット高額転売問題について、記事で扱ってきました。

乃木坂メンバーは46人(46人と言いたいだけです、すみません)いることや、また以前試算したコンサートホールの施設使用料が、かなり高額だったことを考えると、現在のチケット代金は安いと個人的には思っています。

かえるがおの考え方としては、転売して高くなったチケットを買ってもよいですが、努力の成果である自分たちのライブで第三者が利益を得るのを、乃木坂メンバーがよいこととは思っていないでしょうから、高額転売チケットと正規チケットの差額を出すくらいなら、その差額で乃木坂メンバーにたくさん差し入れをして、食べてもらいたいという気持ちです。

実際に食べるものの差し入れはできないですけどね。差し入れできたら、いいだろうなーとはよく思います。どちらにしろ乃木坂メンバーのためにお金を使った方がいいと思っています。

また、営利目的でのチケット転売(ダフ屋行為)を禁じる迷惑防止条例と物価統制令という法律があり、犯罪要件である「公共の場所」についてインターネット上も公共の場所と解釈されると、たちまち違法行為になってしまいます。

そのため、チケット高額な転売には個人的には関わらないという立場です。

また同時に、料金を払ってチケットを所有しているファンの権利もありますので、どうしても行けなくなった時に、適正価格での譲渡システムもあるべきだと思います。

 

ほかのアーティストの例

ほかのアーティストやアイドルの方の中には、「チケット転売反対」の意見表明だけで1つのWebページを作り、賛同されているアーティストもたくさんいます。


このWebページの意見の内容の主な趣旨が以下の3点でした。

1.チケットが本当に欲しいファンに手に入らないこと
2.転売サイトで偽造チケットが売られて犯罪の温床になっていること
3.ファンの経済的な負担が増え、何回もコンサートを楽しんだり、グッズを購入できる機会を失っていること


偽造チケットが犯罪の温床になっているとの意見表明で、個人的には素人のわたしの意見とは、ちょっと隔たりを感じてしまうのが率直な感想です。


細かいことは「乃木坂46真夏の全国ツアー身分証本人確認問題について一番大切にしたいこと」という記事に書いてありますので、興味がある方は、時間があるときにでもよかったら読んでみてください。

 


この意見表明の中には、今回のチケット転売サイトのサービス停止問題の主役でもある、ジャニーズ事務所所属のアイドルの方々も多数含まれています。

チケット転売問題
出典:チケット転売問題

 

いよいよ転売サイトに捜査がおよぶ?!

やっと本題にたどり着きました。いつも前置きが長くてすみません。

今回チケットキャンプが、捜査を受けてサービスを一時停止しましたが、その捜査の容疑が、商標法違反および不正競争防止法違反でした。


え、ちょっと待ってください。
転売サイトが一番恐れていたはずのダフ屋行為である、迷惑防止条例と物価統制令ではありませんでした。商標法と不正競争防止法の疑いだそうです。

今回の問題の核心はまさにこの容疑の内容です。

商標法と不正競争防止法は、両方関連性が深い法規で、
商標法はほかの人が登録した商品名の使用してはいけないという法律
不正競争防止法は他人の商標をつかったり、似てるものをつくったり、コピー商品をつくったりしてはいけないという法律です。


ということはですね、いうなれば熊本のくまモンと全く同じものが、なぜか上海の大江戸温泉のばったもんのところにいるとか、くまモンを似た風貌でくまモソ(くまもそ)と名付けて売り出すなどなど

たとえはよくないかもしれませんが、商品名の問題であってチケット転売とはぜんぜん、まーったく関係なかったのです。

「ジャニーズ通信」というサイト名

実際のところ今回の容疑はミクシィ子会社である株式会社フンザが「ジャニーズ通信」というサイトを運営していて、「ジャニーズ」という名前自体が「くまモン」とか「ドラえもん」や「東京ばなな」のように商品名として登録してあるので

サイトにおっきく書いてあると本物のジャニーズとまちがったり、株式会社フンザがジャニーズを運営してますよと、思われるかもしれないという容疑らしいです。

 


現在捜査中なので、問題のサイトを見てジャニーズとまちがってしまうかどうかの判断は、警察と司法にまかせたいと思います。


あえて言うと、個人的には「へ、mixiの子会社とジャニーズをまちがう人いるの?」というのが率直な感想です。もしまちがってしまっちゃった被害者の方がいらっしゃったらお詫びしますけどね。

ジャニーズ通信

出典:【Android&iPhoneアプリ】ジャニーズ通信 - スマホ部員ブログ

 

本当の問題はチケットの高額転売

捜査中なので真実はまだわかりませんので、捜査容疑がどうこうということには触れませんが、個人的に考えてみると、チケット転売問題で高額にチケットを転売されて、一番影響を受けていたのが、ジャニーズ事務所所属のアイドルさんであると思います、


そのためジャニーズ所属のアイドルさんたちが、チケット転売反対の意見表明に賛同されたことにつながったことでしょう。

そういう意味では、今後サービスを再度開始されるのかわかりませんが、チケット転売サイトのサービスを、一時的でも停止につなげたことは成果があったのかもしれません。

Web媒体での肖像権の話の方は、複雑な問題があるので今回は割愛しますね。

 

乃木坂46へのチケット転売サイトの影響

では、ジャニーズさんの話は置いておいて、今回の転売サイトのサービス停止についての乃木坂46への影響、そして乃木坂46ファンへの影響を考えてみたいと思います。

まずチケットキャンプは業界最大手でたくさんの乃木坂関連チケットが出品されていたため、サービス停止で高額転売できる一番大きい場所がなくなった影響があるのは事実です。

ただし、今回の容疑はあくまで登録商標に関してで、ダフ屋を取り締まる法律でありませんでしたので、他の場所で転売しても今回の捜査の容疑で、調べられることはありません。

その結果他の転売サイトで、無記名の乃木坂のイベントチケット、全国握手券は現在もなお転売されたままであることを確認しました。

身分証の本人確認の効果で、出品数はたいへん減りましたが、転売された場所が変わっただけで、根本的に転売がなくなったかというと、なくなってはいませんでした。

乃木坂チケット転売
出典:『おもてなし会』当落が発表!チケット倍率は約4倍ほど? | 欅坂46にゅーすらぼ

 

意外なとばっちり

チケット転売には大きな影響はありませんでしたが、実は乃木坂ファンサイトやファンブログ、そしてわたしのような小さな個人ブログでは、問題点を指摘されたことになり、意外なとばっちりを受けていることに、多分気づかれた方もいらっしゃると思います。

「ジャニーズ」という商標登録された商品名を大きく記載したことにはじまる今回の騒動です。

もちろん「乃木坂46」もそして乃木坂マークも、まぎれもなく商標登録されています。

ということは、乃木坂のすべてのファンサイトは

乃木坂46という言葉も使えなければ、乃木坂に似た言葉も使えないし、乃木坂マークも使えない


ということになります。


うちのブログはタイトル名がまぬけな「続・今日もやっぱりかえる顔」で、「乃木坂」という言葉は入っていませんが、多くの記事タイトルに乃木坂という言葉を使い、メインコンテンツが乃木坂の話題なだけあって、自分のところだけ問題ないというわけにはいきません。

実際は被害者にあたる乃木坂運営側が訴えたりはされないので、ほとんど大きな問題にはならないでしょうけど、今回の捜査容疑を厳密に運用すると、チケットキャンプと同じ結果になり、このブログも公開停止になることもありえます。


本当は大きな乃木坂ファンサイトの存在は、逆に乃木坂を宣伝しているという側面もあるんですけどね。ただし、そういう乃木坂運営さんの温情に甘えてるだけでは、ちょっと申し訳ないように思うのもまた偽らざる本心です。

商標の問題が出てきたら、やっぱり次に出てくるのは肖像権著作権の問題です。

肖像権、著作権があるにも関わらず、乃木坂メンバーの写真を無断で使わせてもらっているのを、現状は結果的に黙認してもらっていることはまぎれもなく事実なので、小さくても乃木坂ファンブログを自称する以上は、いつかはちゃんと写真の使用料を払えるようになりたいと願うかえるがおなのでした。

身分証の確認が行われる以上、身分証の偽造や不正使用は、現行の法律の解釈でも法律違反となり、その影響は自分が推している乃木坂メンバーが悲しむ結果につながりますので、乃木坂ファンであればやらない方がいいと思います。

「へ、おまえがえらそーに言うな!」って罵声が、今にも聞こえてきそうでもありますけどね。

このへんで今回のかえるがおはおしまいです。

お粗末様でした。