続・今日もやっぱりかえる顔

なぜか巻き起こってしまうまぬけな日常を、ひらがな中心のまぬけなテイストでお届けします。ときどき乃木坂46。

紅白歌合戦2017での乃木坂46歌唱曲は『インフルエンサー』にしてほしい3つの理由

こん○○は、かえるがおです。

 

第68回の紅白歌合戦の出演者が発表とになり、見事に乃木坂46が3年連続3回目の紅白出場が決まりました。おめでとうございます。

 

AKBグループでの紅白出場がAKBのみと、アイドルグループの紅白出場が難しい中、
乃木坂、欅坂ともに紅白に出場できるのは、大変うれしい限りです。

 

2017年を振り返ってみると乃木坂グループとしての活動だけでなく、個人のメンバーとしての活動も光る、新しい乃木坂の活動元年だったような気がします。

 

今回のかえる顔では、紅白歌合戦で披露する楽曲が『インフルエンサー』であってほしい理由をまとめてみたいと思います。

 

2017/12/01更新

紅白歌合戦副音声にバナナマンのおふたりが4年連続で決定が発表されました。

出典:NHK

 

 

過去の紅白歌合戦での歌唱曲

乃木坂の紅白出場が決まった現在、次に気になることといえば、紅白歌合戦でどんな楽曲を披露するかという話題です。

1年目が乃木坂の代表曲といっても過言ではない名曲『君の名は希望』で、2年目の2016年が橋本奈々未さんの紅白最後の出演となり『サヨナラの意味』でした。
3年目の今年はどんな楽曲が選ばれるのでしょうか。

 

紅白歌合戦で歌唱される可能性がある楽曲

2017年の今年は3枚のシングルが発表されました。

 

17th 2017年3月22日インフルエンサー 1027073枚
18th 2017年8月9日逃げ水 1031506枚
19th 2017年10月11日いつかできるから今日できる 935058枚


売り上げ枚数だけを比較すると、18thシングル『逃げ水』がトップリリースだったことがわかります。


確かに『逃げ水』であれば、3期生のWセンターが紅白に出場できるというメリットもあります。


『いつかできるから今日できる』も興行収入、映画界からの評判ともによかった映画『あさひなぐ』の主題歌でもあり、2017年の最後を彩るにはふさわしい楽曲でもあります。

あさひなぐ

出典:オムニ7

また、表題曲だけでなく、過去にかつて多くの名曲がある乃木坂46にとってみれば、過去の名曲を一番国民の注目が集まる舞台で披露するという選択肢もあります。


東京ドーム公演で感動的だった『きっかけ』という名曲もありますし、紅白歌合戦当日をもって乃木坂46を卒業する伊藤万理華さんセンター曲もあります。

 

ただし、3つの理由から今年は個人的には『インフルエンサー』を紅白で披露してほしいと思っています。

 

 

乃木坂46のパフォーマンスのレベルの高さを示す

まず1つめの理由が、国民の注目が集まる紅白歌合戦で、乃木坂46のパフォーマンスのレベルの高さを披露できる楽曲『インフルエンサー』だと思うからです。

 

『インフルエンサー』はみなさん知っているように、超高速振り付けでのパフォーマンスが印象的な楽曲です。振り入れの時に泣き出したメンバーも
いるといわれているほどです。

 

振付師はSeishiroさんで、EXILEグループのFlowerの振り付けも担当されたことがある、芸術的で有名な振付師さんでまぐれもなく本格派です。

 


ちなみにSeishiroさんのダンスのレッスンが、なんと渋谷で誰でも受けることができるようです。時間さえあえば習いに行きたいのですが、残念ながら18:30からと仕事終わりでは間に合わない時間のようです。

 

まるでフラメンコかのような前奏のリズムに、超高速でのしなやかな手の動きのパフォーマンスを、最初見たときに衝撃を受けた乃木坂ファンも多かったことでしょう。

 

それが紅白の舞台で46人ものメンバーでパフォーマンスされたら、圧巻で見ている人たちを圧倒すると思うのです。

 

乃木坂のことをよく知らず、ただのアイドルグループと思われている人もいるでしょうから、乃木坂が高いレベルのパフォーマンス集団ということを世に示すためにも、注目度が高い紅白歌合戦の舞台は、絶好の機会だと思います。

 

インフルエンサー 乃木坂46
出典:乃木坂 46 OFFICIAL YouTube CHANNEL『インフルエンサー』

 

『シブヤノオト』同様に、NHKの番組は残念ながら歌唱が入ったカラオケでのパフォーマンスが多いです。


本当であれば乃木坂メンバーの歌唱を実際に聞きたいものではありますが、逆にインフルエンサーの場合には、歌わなくていい分だけ、あの超高速パフォーマンスに集中できるというメリットもあります。 

 


46人のメンバーで視聴者を圧倒するパフォーマンスを見せつけることができる楽曲が、『インフルエンサー』ではないかと思います。

是非3期生も含めて、最年少の岩本蓮加さんも出演できる20時までの時間帯で、全員のメンバーでパフォーマンスを見せてほしいと思います。

 

『インフルエンサー』影のセンター

『インフルエンサー』のセンターといえば、どのメンバーを思い浮かべますか?
普通の乃木坂ファンであれば、白石麻衣さん、西野七瀬さんの名前を思い浮かべると思います。

 

でもわたしの場合はちょっと違います。
『インフルエンサー』の超高速の手の動きを、まるでバレエを踊っているかのように、しなやかになめらかに曲線を描いて、Wセンターの中央でパフォーマンスしているメンバーにどうしても目が行ってしまいます。

 

それが伊藤万理華さんのパフォーマンスです。

 

インフルエンサー センター伊藤万理華
出典:テレビ東京「テレ東音楽祭」


紅白の舞台が乃木坂46としての活動の最後になる伊藤万理華さん。


伊藤万理華さんのラストパフォーマンスに思いっきり、持ち前の芸術性とバレエのスキルを活かして、思う存分悔いがないようにパフォーマンスしてもらうには、『インフルエンサー』という楽曲はぴったりです。

 


乃木坂を知らない視聴者の方も『インフルエンサー』をパフォーマンスするまりっかさんの芸術的な世界観を見てきっと驚く方も多いことでしょう。乃木坂が真の『インフルエンサー』になるための、芸術的なパーツに欠かせないのが伊藤万理華さんです。


そのパフォーマンスをファンの目に焼き付けるだけでなく、6年間の活動の集大成としてセンターでのパフォーマンスで、まりっかさんには視聴者を驚かしてほしいと思っています。

 

伊藤万理華 逃げ水
出典:フジテレビ「FNS歌謡祭」


あのすごいパフォーマンスするメンバーは誰だ!って注目を集めた瞬間に、乃木坂を卒業していく。いかにもまりっかさんらしい卒業のあり方ではないでしょうか。
 

3年連続副音声のコンビとの夢のコラボをもう一度

最後の理由が紅白歌合戦で3年連続副音声を務められた乃木坂46の公式お兄ちゃん『バナナマン』の存在です。 

 

2017年の紅白歌合戦での副音声担当についてまだ発表されていませんが、4年連続バナナマンのおふたりが引き続き務められる可能性もあります。

2017/12/01更新

紅白歌合戦副音声にバナナマンのおふたりが4年連続で決定が発表されました。

 

乃木坂とバナナマンとインフルエンサーといえば、やっぱりヒム子と乃木坂のコラボでのパフォーマンスが蘇ります。テレ東音楽祭と夏のツアー神宮球場でのコラボが記憶に新しい、ヒム子とバナナマンのお二人。2017年の乃木坂を語るうえで欠かせない出来事でした。


出典:テレビ愛知「乃木坂工事中」#114


テレビ局の垣根を超えるのは難しいとは思うのですが、あの感動のパフォーマンスをもう一度見てみたいと思います。

 

設楽さんも歌振りで参加するとか、中元日芽香さんの電撃参戦も合わせて、乃木坂46人プラスバナナマン2人の、乃木坂48を紅白のお祭りの舞台で見ることができれば、本当に盛り上がるパフォーマンスになることになると思います。

 

テレビ局の違いや、事務所の違い、番組制作側の意向など難しい問題もあるかと思いますが、是非検討してもらえるとうれしいです。


出典:テレビ愛知「乃木坂工事中」#114

  

 

最後に

乃木坂メンバーの努力のおかげで、今年も大みそかまで乃木坂メンバーのパフォーマンスを見れることになりました。乃木坂メンバーとスタッフのみなさんには心よりお礼を言いたいと思います。


個人的には、大学の時に入学して以来大みそかとお正月は、ずーっとひとりでさみしい正月を送っておりましたが、今年はなんと帰省して家族で数十年ぶりに迎える大みそかに、紅白で乃木坂のパフォーマンスが見れることになり楽しみが1つ増えたような気がします。

乃木坂メンバーがどんなパフォーマンスで2017年を締めくくるのか、これからとっても楽しみです。

伊藤万理華 日村勇紀

出典:伊藤万理華OFFICIAL BLOG 2017/06/28『なびく。774回目』

紅白では乃木坂らしくのびのびと、視聴者を引き込むようないつものすばらしいパフォーマンスがみられることを願っています。

以上今回のかえる顔でした。