続・今日もやっぱりかえる顔

なぜか巻き起こってしまうまぬけな日常を、ひらがな中心のまぬけなテイストでお届けします。ときどき乃木坂46。

乃木坂46軍団全面対抗バトルから、メンバーらしさをまとめてみた

こん○○は、かえるがおです。

今回は乃木坂工事中で放送された、「仲間を救え!軍団全面対抗バトル」をまとめてみたいと思います。

軍団対抗バトルなのにも関わらず、なぜかチームワークよりも、個人個人のメンバーのその人らしさの方が目についた今回の企画でしたが、出演メンバーが多い分だけ、たくさんのメンバーの活躍の様子が見られる企画でもありました。

それぞれのメンバーらしさが見られるシーンを中心に、まとめてみたいと思います。

出典:テレビ愛知「乃木坂工事中」#137,138

 

 

参加メンバーと軍団名

まず、最初に今回参加した軍団とメンバー構成です。

チューリップ
生田絵梨花、川村真洋、斎藤ちはる、高山一実、能條愛未、和田まあや
さゆりんご軍団
松村沙友理、伊藤かりん、佐々木琴子、中田花奈
犬メン
井上小百合、桜井玲香、新内眞衣、日村さん
スイカ
伊藤純奈、川後陽菜、斉藤優里、西野七瀬
真夏さんリスペクト軍団
秋元真夏、相楽伊織、鈴木絢音、渡辺みり愛
無所属
衛藤美彩、齋藤飛鳥、樋口日奈、星野みなみ、山崎怜奈 (敬称略)

 
まず最初に、最大派閥だったはずの犬メンに、まさかの定員割れが発生です。優里さんはスイカに、さゆりんごさんはさゆりんご軍団に、生駒ちゃん、若様ともに不参加で、まりっかさんがいないという、非常事態が発生します。

急きょチューリップより、日村さんが犬メンに参戦することになりました。

 

日村 お風呂に入るんですよ


また、さゆりんご軍団は、蘭世さんが残念ながら不参加だったため、なぜか無所属から中田花奈さんが研究生として参戦です。理由はビジネスとして一番成立しているというおもしろ理由でした。

きっと琴子ちゃんがいるから、加入したであろう1期生の中田さんが、研究生という立ち位置もおもしろ要素が満載です。

ビジネスとして一番成立している 中田花奈


今回は6チームの参加で、予選を勝ち上がった3組で決勝を戦うという方式でした。優勝チームにはかに港のお食事券がプレゼントされます。残念ながら3期生主体の若様軍団は不参加でした。次の大会に期待したいと思います。

 

軍団対応 トーナメント

 

予選第1試合 チューリップ対無所属

予選第1試合はチューリップ対無所属での戦いです。

f:id:faceflog:20180122080640j:plain


第1試合は両チームの代表者が風船を身にまとい、破裂する前にミッションをクリアするという競技です。チューリップからは能條さん、そして無所属からは山﨑怜奈さんが代表者となりました。

山﨑さんが風船破裂の代表者になった理由が、とても興味深いです。

死ぬまでに1回こういうことを経験した方が… 

山崎怜奈 死ぬまでに1回こういうことを経験した方が… 


まだまだ若いれなちさん。今後バラエティ番組でたくさん風船破裂シーンを経験することもあるだろうのに、真顔で平然と言い放つところが、れなちさんらしい独特の空気感を醸し出していました。 

 

まず最初は、連続輪くぐりリレーです。

連続輪くぐりリレー

 

軍団プレゼン大会では、みんなバラバラと言われていた、チューリップが見事なチームワークを見せて簡単に輪くぐりを終わらせるのに対して、無所属はやっぱりチームワークに問題があるのか、みなみちゃんの頭のお団子に引っかかり、タイムをロスしてしまいました。

 


2回戦は壁に対して垂直に、アルミ缶を10個つなげるという競技です。しっかりアルミ缶を壁に押さえておかないと、重力に負けてアルミ缶が崩れてしまうという仕組みです。

これもまた、チューリップが1回崩しただけですぐに終わったのに対して、無所属チームはなかなか10個つなげることができません。どうも次のメンバーに変わる時に、手を緩めてしまっているようです。

設楽さんに次のメンバーに渡すときに、ちゃんと力を入れたなかったんじゃないかと、疑われてしまうみなみちゃん。一旦は否定するものの、じゃあやったかも~っと、すぐに認めてしまっちゃうのでした。

f:id:faceflog:20180122080735j:plain


この競技ですが、該当のシーンをよーく見てると、確かにみなみちゃんから次のメンバーに引き継ぐときに崩れてはいるのですが、


もうひとり次のメンバーに引き継ぐときに、振り向きざまに手を緩めてしまって缶が崩れたメンバーがいました。それが樋口日奈さんです。


ひなちまさんはお父さん譲りのおおらかさで、細かいことをあんまり気にしないんですよね。ひなちまさんのそういう一面が見れるのも特番ならではのおもしろい点です。

ちなみに飛鳥ちゃんは競技中でも、興味は缶をつなげることより、山﨑さんの風船の方に向いてしまっているようでして、もうすでに笑ってしまっています。


れなちさんもれなちさんで、なぜかTシャツの下の隙間から風船がはみ出ないように、手でTシャツのすそを引っ張っるのをがんばっています。

いよいよ3回戦は輪ゴム口移しリレーです。

3回戦も順調に輪ゴムをストロー越しにリレーしていくチューリップに対して、無所属チームはなかなかうまくいきません。


無所属チームは輪ゴムが美彩先輩のグロスにくっついてしまうトラブルも発生します。そしてなぜか美彩先輩は目を閉じて、せくしーな表情で飛鳥ちゃんに輪ゴムをリレーすることなります。

 

衛藤美彩 齋藤飛鳥 輪ゴム


せくしーな美彩先輩のドアップを見て、テレまくる飛鳥ちゃん。どうしても美彩先輩のドアップに笑いが止まらず、とうとう山﨑さんの風船が破裂して、無所属チームの負けになってしまいました。


風船が破裂して飛んでしまう山﨑さんに対して

 


自分のせいで負けちゃったのに、なぜか大爆笑する飛鳥ちゃん。2人の対比がおもしろい結果となりました。

f:id:faceflog:20180122080818j:plain


予選1回戦はチームワークで勝るチューリップの勝利で、負けた無所属チームもそもそも無所属で団結力も最初からないため、悔しがることもないという結果でございました。

予選第2試合 さゆりんご軍団対犬メン

予選第2試合はさゆりんご軍団と日村さんが加入した犬メンの激突です。

さゆりんご軍団対犬メン


両チームの代表者が柱の上に立ち、残った3人でお題に沿った答えを出して、答えが合わなかった分だけ柱を抜いていき、先に立っていられなくなったチームが負けというシステムです。

意思の疎通はしっかりできているさゆりんご軍団。どうもいつもと違っておとなしくて、半分笑っている研究生の中田花奈さんに注目です。


一方犬メンは新内さん、井上小百合さん、日村さんで合わせて30代くらいだそうです。さゆにゃんさんのちょっと迷惑そうなお顔にも注目です。


先攻は犬メンからです。
みそ汁の具といえば?という問題に対して、
とうふ、とうふ、わかめと残念ながら。答えを合わせることができませんでした。

 

とうふ とうふ わかめ


柱を1本抜くことになっても、余裕の表情のキャプテン桜井玲香さん。

桜井玲香 軍団対抗


一方さゆりんご軍団の問題は一番強いと思う動物は?というお題です。
3人で力を合わせてお題の答えを考えるさゆりんご軍団のみなさん。

f:id:faceflog:20180122080909j:plain

ここでの注目は、対決を見ているはずの西野さんの表情です。"ライオン"という答えが出たとたんにこの表情です。

動物に関してはめちゃめちゃ詳しい西野さんのことなので、きっと一番強いのはライオンじゃないのになぁという、思いが伝わってくるかの表情でした。ちなみに一番強い動物は何なのか教えてほしいほどです。やっぱり人間!なんて答えなんでしょうかねぇ。


さゆりんご軍団の答えは"ライオン""カバ""ぞう"とみんなバラバラになってしまい、第1問から3本の柱を抜くことになりました。


ここで注目は佐々木琴子さんです。みんな慎重に柱を抜いているのに対して勢いあまって抜いた柱が自分に当たるくらいに勢いよく柱を抜く琴子さん。意外と結構思いっきりがいいんですねぇ。


一方犬メンは"はやいモノ"というお題に対して、全員で新幹線と答えをそろえて、結果的に日村さん、さにゅにゃん、まいちゅんの3人で、犬メンだったはずが、チーム新幹線を名乗ることになったのでした。あのーキャプテン玲香さんの立場がないような気が…

チーム新幹線


一方さゆりんご軍団は、なぜか中田花奈さんが、研究生として注意されっぱなしです。
さゆりんご軍団は食べ物ですよと、その答えを注意されたり、

さゆりんご軍団は食べ物ですよ


チューリップに入りたいの?と突っ込まれっぱなしで、困っている表情の中田花奈さんもとってもめずらしいです。

チューリップに入りたいの?


さゆりりんご軍団のはずが、仕切っているのは完全にかりんちゃんで、名前をりんごからかりんに変えて、実質かりんちゃん軍団とでも言えそうなくらいです。

かりんちゃんの指示に対して素直に従うさゆりんごさんにも注目です。



犬メンでは、"大金と言えば"という問題で、井上小百合さんがまさかの”1億”という答え。さすがATMと結婚したいほど、お金を貯金しているさゆにゃんさんらしい答えです。大金が1億ということはですね、もう軽く数千万円貯金してるんでしょうか笑

井上小百合 1億


犬メンなのに柱の上に立っているせいで、なぜかまーったくコメントを求められない、キャプテン桜井玲香さんもおもしろいです。

f:id:faceflog:20180122081025j:plain

このシーンの新内さんの歩き方を見て、ピンと来られた方はいらっしゃいましたでしょうか?前のめりでちょっと脇があいた歩き方です。これってひょっとして…

新内眞衣 歩き方


有名な和田まあやさんが真似をしていた、新内さんが悪い姿勢で歩いているシーンではないでしょうか。あの真似していた歩き方は、こんな歩き方だったんですね。確かにめちゃめちゃ似ています。とても貴重なシーンが見れました。


新内 悪い姿勢 和田まあや

出典:テレビ愛知「乃木坂工事中」#081

対戦結果は終始みんなバラバラで、チームワークを発揮することができなかった、さゆりんご軍団の敗戦となってしまうのでした。正規メンバーの蘭世さんがいたらもっとよい勝負になったのかもしれませんね。体調不良とのことで残念でした。


合言葉の"がんばりまっちゅーん"で引いたものの、無残な結果となりまして、決勝戦へは見事犬メンが進むことになりました。

 

予選第3試合 スイカ対真夏さんリスペクト軍団

予選の3試合目はスイカ対真夏さんリスペクト軍団の対戦です。

スイカ対真夏さんリスペクト軍団

3回戦の勝負はロシアン顔面パイというおもしろ対決です。12本のロープの中で6本がメンバーにつながっていて、当たってしまったメンバーは顔面にパイを浴びてしまうという対決です。

ちなみに乃木坂はレコード大賞も受賞し、名実ともにトップアイドルにも関わらず、こんな顔面パイの対決を笑顔で戦えるというのも魅力の1つに思えます。

ロシアン顔面パイ


まだ当たっていないのに、斉藤優里さんと秋元真夏さんはなぜか笑顔です。これが現在日本でトップアイドルの姿です。よーく目に刻んでおきましょう。

 

ロープを選ぶ担当は、スイカメンバーからは川後陽菜さんです。

川後陽菜 運がいい


乃木坂って、どこ?で川後さんのお母さんが語っていた、くじ運がいいところを見せるチャンスがやってきました。ちなみにお母さんが買った宝くじを、運がよい川後さんが握って寝るってエピソードが思い出されます。

川後陽菜 くじ運がいい

出典:テレビ愛知「乃木坂って、どこ?工事中」#101

一方真夏さんリスペクト軍団からは相楽伊織ちゃんです。伊織ちゃんが選ばれた理由は、私は受けたくないから…という、伊織ちゃんらしい理由でした。さすが妹キャラの伊織ちゃんは、いつでも自由人です。

 

私は受けたくない 相楽伊織


顔面パイを待つメンバーのみなさんがこちらです。ちなみにこの方々はもう一度書くと、2017年レコード大賞をとられたはずのメンバーのみなさんのような気がするんですが、一方でバラエティの洗礼も嫌がることなく受けるという、乃木坂というグループの特徴のような気がします。


顔面パイ メンバー


一旦競技が始まると、運がいいと豪語していた川後Pだけでなく、伊織ちゃんもまた当たりのひもを引くことなく、減っていくのはSAFEのひもばかり。SAFEのひもが2本まで減った時に、ついに伊織ちゃんが顔面パイの餌食を引き当てます。


最初に顔面パイの餌食になってしまったのは伊藤純奈さんでした。そのマシンの静かな性能で気づいた瞬間には顔面パイの餌食になっていた純奈さん。純奈さんに顔面パイが当たると、すぐにとなりの席の綾音ちゃんが、顔からパイを戻してあげげるところも、絢音ちゃんらしいところです。

伊藤純奈 顔面パイ


当たった本人の純奈さんは、パイまみれになりながらなぜか笑顔全開です。そして生クリームがおいしいそうです。生クリームが自分に当たって笑いが止まらない楽屋番長の純奈さん。とても人気のアイドルとは思えない佇まいです。


川後さんがまたもやSAFEを引いてしまい、SAFEの残りは1本になったあと、伊織ちゃんが引いたのは、今度は斉藤優里さんの顔面パイでした。


優里さんは正直当たった方が気持ちが楽!だそうです。

どうしても不思議に思ってしまうのは、顔面のクリームを誰も拭こうとしないところです。正直鼻にも入っているとは思うのですが、お約束のように全員が当たったままの姿でコメントしています。

正直当たった方が気持ちが楽! 斉藤優里


もう後がないスイカメンバー。川後さんが引いたひもは、残念ながら味方の西野さんに顔面パイが当たってしまうのでした。

 

西野七瀬 顔面パイ


西野さんは今や映画やドラマでも主演を務められるトップアイドルですが、顔面パイを受けてもこの笑顔です。トップアイドルに成長しても、おもしろいこと好きの西野さんは、全然変わらない西野さんのままなんですねぇ。儚さを感じさせるビジュアルで人気を集めているトップアイドルとは、思えないくらいです。

 

勝負は真夏さんリスペクト軍団の勝利に終わりましたが、どうしてももう1本ひもを引きたいと言い出す設楽さん。注目の絢音ちゃんのお顔を見てみると、設楽さんの申し出に最初は笑っていたことがわかります。


そしてまるで自分に来ることがわかっているかのようなお約束の表情です。さっきまで笑っていたとは思えないようなお顔の様子です。

鈴木絢音 目力


伊織ちゃんおすすめの7番のひもを引っ張ってみると、見事絢音ちゃんの顔面にパイがヒットするのでした。

鈴木絢音 余興の犠牲者


なぜか敵だったはずの両脇の西野さん純奈さんが、パイを顔からはずしてくれます。でもそんなおふたりのお顔を見ると、まだクリームまみれだったのでした。

でも買ったからいいです 鈴木絢音

 

決勝戦 チューリップ対犬メン対真夏さんリスペクト軍団

 

乃木坂軍団対抗 決勝戦


決勝戦は各チームの代表者がゲームに挑戦し、その結果を受けていけにえの丘からチームメンバーが落ち、最後までメンバーが残っていたチームが優勝というシステムです。

代表メンバーとして、チューリップからはチーム名の語源ともなった和田まあやさんが、真夏さんリスペクト軍団からは、予選で余興の犠牲者となり顔面パイを浴びてしまった鈴木絢音さんが、犬メンからはさゆにゃんさんから"関係ない"と非難されながらも、日村さんが挑むことになりました。

井上小百合 関係ない


最初のゲームはストップウォッチを10秒で止めるという競技です。一番近いチームの勝ちで、残りのチームはチームのメンバーがいけにえの丘から落下することになります。

 

この競技に対して、和田まあやさんは結構自信がある様子です。

1秒が四分音符だと思えば行ける気がします

1秒が四分音符だと思えば行ける気がします


おおっ、とっても説得力がありそうです、確かにまあやさんはピアノを習ってましたからねぇ。でもちょっとおかしいんですよ。四分音符は本当に1秒でしょうか?

これはテンポという曲の速さが残念ながら考慮されていないんですよねー。例えば聞いたことがあるアンダンテだと、1分間に四分音符72程度です。1分間に四分音符60程度の曲をイメージしないとまあやさんの方法で、時間をはかるのは難しいんですねー。残念でっす。

その点頭がいいし、クラシックにも詳しい絢音ちゃんは、1分間で四分音符60の音楽があるといってます。そんな音楽知ってるなんて、さすが絢音ちゃんはすごいです。

60の音楽がある 鈴木絢音


一方日村さんはコントやMCで培ってきた熟練の体内時計で勝負です。そんなときに、カメラは観戦中のあるメンバーをとらえます。

それが前のゲームでクリームパイを浴びた、優里さんと西野さんです。リップは塗りなおしているものの、なぜか顔面はクリームの残骸が残っています。これってきっと意図的でしょ?一応アイドルなので、生クリームをとって、かわいいお顔を出した方がいいと思うのですが、なぜかおもしろ演出で生クリームが残ったままというのもほっこり笑えます。

西野さんのリップは少し前と同じように暗めの色です。以前ブログに書いてあったあのブランドのリップでしょうか。乃木坂メンバーがオルチャンメイクを始めてからというもの、アイドルだけでなく街中でもオルチャンメイクの人が増えました。

オルチャンメイクが目立つメンバーの中で、リップの色を暗めにしている西野さんのセンスの良さが目立ちます。暗めのリップが似合っていてますます小顔に見えてしまいました。

斉藤優里 西野七瀬 顔面クリーム


果たしてゲームの結果は?どのチームが10秒に1番近いのでしょうか。

f:id:faceflog:20180122081424j:plain

日村 似顔絵 松村沙友理
出典:テレビ愛知「乃木坂って、どこ?」#152

結果は日村さんの勝利で、まあやさんと絢音ちゃんの音楽作戦は、残念ながら日村さんの経験によって培った時間の感覚に負けてしまうのでした。


落下したのは、ミステリーハンターでもおなじみ、巷でもきれいなメンバーとの呼び声高い斎藤ちはるさんです。ちはるさんであっても、粉まみれになり容赦ありません。でもその内面のおもしろさが、粉まみれの方がにじみ出ているような気がして、似合っていると思うのはわたしだけでしょうか。

斎藤ちはる 粉まみれ


ちょいちょい挿入される、顔面の生クリームをぜんぜん取ってもらえない、優里さんと西野さんもとっても楽しそうです。

 


そしてもう一人落ちたのが渡辺みり愛ちゃんです。粉まみれのお姿は、どこかのお人形のように見えます。みり愛さんらしく”こういうの運悪いんですよ”という、不機嫌そうなお顔での後ろ向きな発言も、みり愛さんらしさが見れて、個人的には笑えるポイントでもありました。

こういうの運悪いんですよ 渡辺みり愛


2回戦のバランスボールキープ対決では、圧倒的不利な日村さんがバランスボールから即落下。犬メンTシャツを汚したくなかった井上小百合さんが、日村さんの落下と同時に、いけにえの丘から落ちて、粉まみれになってしまうのでした。

井上小百合 粉まみれ


3回戦はトランプ20枚つかみです。目分量で掴んだトランプが20枚に近いと勝利するというゲームです。

日村さんがとったトランプに対して、"日村さん多くないですか?"と早速つっこんでしまうキャプテン桜井玲香さん。いつもニコニコ顔で人がよさそうなのに、なぜか男性にはちょっぴりS発言をしてしまうところも、キャプテンのおもしろい点でもあります、


結果は多く取ったと指摘されたはずの日村さんの見事勝利で、キャプテンは落下から免れることになりました。

残念ながらいけにえの丘から落下した高山さんは、なぜか雪女化してしまいます。こうやってまじまじと見てみると、最近高山さんはまた一段と痩せちゃったように見えてしまうのは気のせいでしょうか。

高山一実 雪女


そしてもうひとり落下したのは相楽伊織ちゃんです。伊織ちゃんはルールを勘違いしていて、落ちないと思っていたようで、自分が落ちてしまったのがとっても不思議な様子なのも、伊織ちゃんらしいところです。

相楽伊織 粉まみれ


4回戦は黒ひげ危機一髪で、黒ひげを出したチームが負けというルールです。過去の番組を振り返ってみると、黒ひげはいつも運を持っている人が出してしまいます。

秋元真夏 黒ひげ
出典:テレビ愛知「乃木坂って、どこ?」#074


その結果見事日村さんが黒ひげを引き当て、飛び出たと思った時にはすでに犬メンキャプテン桜井さんは、いけにえの丘から落下していました。


キャプテンは本当に怖かったみたいで、"本当に地獄みたいなゲームです"というコメントを残すことになりました。

本当に地獄みたいなゲームです 桜井玲香


いよいよ最後のゲームです。最後のゲームに勝ったチームが優勝となります。最後のゲームはなわとびで最後まで飛んでいたチームが勝ちというシステムです。この時点で圧倒的に日村さんが不利のような気がします。


決勝戦の山場を迎える前に余興が始まってしまうのも、また乃木坂らしいところです。乃木坂のにゃんこといえばこの人、さゆにゃんこと井上小百合さんです。

井上小百合 にゃんこスター


井上小百合さんは小さいときからにゃんこスターのアンゴラ村長さんと一緒のところで、リズムなわとびを習っていたそうです。残念ながら子どもの頃の話なので、現在はさゆにゃんこさんと同じところで、リズムなわとびびを習うことはできなそうです。がっくしっと。

さゆにゃんこさんと日村さんの即席にゃんこスターコンビは、有名なリズムなわとびのネタを即興なのに完コピしていきます。


日村さんもすごいですがさゆにゃんこさんもすごいですよねぇ。この高いクオリティでマネできる人ってなかなかいないと思います。どの番組に出演しても爆笑をとれるクオリティではないでしょうか。あらためて井上小百合さんってすごいなぁと思いました。


顔面パイのメンバーと同じく、いけにえの丘から落下した粉だらけのメンバーも、なぜか粉まみれのまま、リップしか塗らせてもらえないというおもしろルールで、さゆにゃんこさんも粉だらけのままでしたので、なわとび芸の後には白い粉の落とし物が発生します。

落とし物を指摘されたさゆにゃんこさんは、慌てて脚で粉をかき集めるところま、ちょっぴりがさつな面もある、井上小百合さんっぽくって個人的にはおもしろかったです。


注目の最終のなわとび対決は、日村さんも絢音ちゃんも必死にがんばるのですが、最終的には和田まあやさんの勝利となりました。


粉まみれになった新内さんは、これまでのメンバーには見られなかった、なぜかカメラ目線で粉まみれのお姿をアピールです。本当にアイドルさんなんでしょうか笑


まなったんはプロ意識を見せてくれます。新内さんにインタビュー中も粉まみれの中に埋まったままで、まなったんは全く動きません。そして自分にインタビューが振られてはじめてごそごそと動き出して這い上がってきます。これぞまさにプロ。魅せることに特化したリアクションのプロですねー。さすが乃木坂の出川さんです。

秋元真夏 粉まみれ


優勝の栄冠は見事チューリップが獲得することになりました。チューリップのみなさんおめでとうございます。

優勝チューリップ


ちなみにこのおふたりは最後までわちゃわちゃ感で楽しそうな様子なんですが、残念ながら最後まで顔を拭いてもらうことはないのでした。


いやらしい目でみなければ

 

ご褒美祝勝会

 

チューリップチームが優勝しましたので、ご褒美のかにがメンバーにふるまわれることになりました。場所はかに港。大手町と飯田橋の2店舗あるお店らしいです。平日であれば、かに食べ放題3時間飲み放題で3980円だそうです。意外とお安いお得なお店ですね。

祝勝会にはなぜか、スイカメンバーで戦っていたはずの川後さんが登場してしまいます。


確かに川後さんはチューリップのメンバーでもあり、掛け持ちしているメンバーなんですよね。


出典:テレビ愛知「乃木坂工事中」#108


6人前しか注文していなかったとのことで、川後さんが参加した分だけ1人食べられなくなるという、バラエティではお約束のおもしろシチュエーションです。この状況に反応したメンバーがこの人。川村真洋さんです。

 

川村真洋 ありえへん


本当はろってぃーさんは、ありえへんとは言っていないのですが、本当に言ってそうに見えるお顔の様子がおもしろいです。

結局ゲームの結果食べれなくなったメンバーが能條さんとちはるさんでした。悔しがる能條さんに対して


ちはるさんは抜群のおもしろ回答で、やっぱりおもしろクオリティが高い結果となるのでした。

黄色といったらあーか 斎藤ちはる


まあやさんは、マジカルバナナとしりとりの違いをよく理解されていないようで、優勝したチームとは思えないような、バラバラな個性をいかんなく発揮される、チューリップメンバー。

ん ついていいの 和田まあや


そのうち、勝手に注文した黒毛和牛炙り握りフォアグラのせが、人数より1個少ないと騒ぎ出す生ちゃん。

黒毛和牛炙り握りフォアグラのせ



さすが食いしん坊の生ちゃんだけあって、食べ物は絶対に妥協しません。スタッフさんにごはんの時間をしつこく聞く生ちゃんは、ちょうどこんな感じなんでしょうね。みんなが笑ってくれるので、生ちゃんのおばちゃんかと思うくらいのクレームに力が入り絶好調です笑

生田絵梨花 人数分って言った

生田絵梨花 どうしてくれるのよ


生ちゃんを抗議の鬼にさせた人数より1個少ない炙り握りが少なかった理由が、高山さんの注文のまちがいというのもおもしろ理由です。

 

やっと人数分揃った黒毛和牛炙り握りフォアグラのせを、高山さんはなんと一口で食べてしまいます。かなり大きい手のひらサイズの握りだったのにすごいです。

 


そう思っていると、生ちゃんもミュージカルを歌っているときみたいな大きな口を開けて、一口で食べた後、この表情です。よっぽどおいしかったんでしょうねぇ。

 


最後に能條さんまでもが、大きなにぎり寿司を無理やり口に詰め込み、顔芸が飛び出すほどおいしかったようです。


ちなみに、この黒毛和牛炙り握りフォアグラのせですが、本当の商品名は、A5黒毛和牛ミスジの炙り握りフォアグラのせというようです。あれだけ大きくて贅沢なA5黒毛和牛もフォアグラも乘っているのに、お値段なんと480円だそうです。結構安いとおもいませんか?

500円くらいのリーズナブルな料理をこんなにもおいしそうに食べる乃木坂メンバーにほっこりしますし、いいリアクションして喜んでくれるんだったら、おごるからどんどん食べて、と危うく言いそうになってしまいました。

その後は乃木坂頭NO王でも同じみ、まあやジョンソンコンビによる、あみちゃんおばけの話も飛び出しました。

あみちゃんおばけ


みなさんは気づかれていましたか?このまあやさんが話すあみちゃんおばけのエピソードは、かなりの長尺だったにもかかわらず、カットされることなくすべてオンエアされています。

テレビサイズではない長い話のエピソードをすべてオンエアされるまあやさんの話術って、どんだけすごいんだよって、驚いてしまいました。

ちなみに生ちゃんの提案により、日村さんとのお風呂の時には、露出がほぼない水着の着用とのことです。こんなの着てて、いやらしい目で見なければもなにも、いやらしさのかけらもないような気がしますです。

f:id:faceflog:20180122082324j:plain

ちなみにこの生ちゃんが見つけた水着はブルキニと言って、宗教的に露出をなくし体に密着しないデザインだそうです。

Amazonでも販売されていましたが、結構値段がお高いようです。チューリップメンバーとお風呂に入られたい方は購入を検討されてみてはどうでしょうか。

 

 

まとめ

またもや長ーい記事となりましたが、軍団対抗バトルの放送された内容をまとめてみました。

やっぱり目につくのは、軍団対抗バトルと言いながらも、チームワークよりもそれぞれのメンバーの個性です。放送時間が長かった分だけ、たくさんのメンバーのそのメンバーらしさが垣間見られたのが、今回の番組の最大の魅力だったような気がします。

HOMEでもある乃木坂工事中だけあって、いかんなくメンバー個性の魅力を披露してもらえた、参加したすべての乃木坂メンバーに感謝したいと思います。

もし録画番組をお持ちの方は、もう一度見返してみてそれぞれのメンバーの反応に注意しながら見てみると、また新たな発見があるかもしれません。

以上今回の記事はおしまいです。
こんなすてきな企画をちゃんとまとめることができず、本当にお粗末様でした。