続・今日もやっぱりかえる顔

なぜか巻き起こってしまうまぬけな日常を、ひらがな中心のまぬけなテイストでお届けします。ときどき乃木坂46。

デパートの館内アナウンスで遠くからお越しの方は実在するか検証してみた

こん○○は、かえるがおです。

平日に免許更新のためにお休みをもらい、更新が終わった後近所のデパートに出かけました。そのデパートでは、館内放送でひっきりなしにお客様をお呼び出ししていました。

大きいデパートなので、たくさん人をお呼び出しすることもあるだろうとは思ってはみたのですが、平日の昼下がりでその後食べ歩き以外に予定がなんにもなかったので、呼び出された人は実在するのか興味がでてきて、早速検証して原因を探ってみた検証記事です。


今回のかえる顔は検証してみて、意外な理由にたどり着いた、デパートの館内放送で
遠くからお越しのお客様をお呼び出しする本当の意味についてまとめてみたいと思います。

 

 

 

館内放送には別の意味がある

デパートの館内放送には別の意味があるといううわさを確かに耳にしたことがあります。

お呼び出しされた方は実在しておらず、本当は従業員に万引き犯が現れたということを知らせるためのメッセージだったりするという話です。

またBGMも有名です。「雨に歌えば」が流れたら、雨が降ってきたことを知らせるミュージックであるとか、オフィスによってはオルゴールのBGMが雨を知らせるBGMだったりすることがあります。

人ではなく車の呼び出し放送にひらめく

そのような裏の意味を持ったアナウンスであれば、
地域(世田谷)からお越しのお名前(ヤマダさま)おことづけがございますので、
1階サービスカウンターまで起こしください


というように、人の名前で呼び出すことが多いと思っていました。

その日立ち寄ったデパートでは、人の名前の呼び出しはないのですが、ひっきりなしに流れるのは、車の呼び出しでした。



千葉ナンバーのプリウスでお越しのお客様、おことづけがございますので、近くの係員までお声かけください。
続けざまに
大宮ナンバーのプリウスでお越しのお客様、おことづけがございますので、近くの係員までお声かけください。


そのデパートは神奈川県です。確かに距離的に近いといっても、大宮は車で2時間程度、千葉市内だともう少し離れています。

千葉と大宮からのお客様がお呼び出しされる確率

神奈川の地域のデパートに千葉や大宮からお客様が車で来店するとしても、かなり少ないはずです。

千葉から買い物に来たお客様、大宮からわざわざ買い物に来たお客様が、それぞれ全お客様の5%だと仮定します。本当はもっともっと低いはずですけどね。
全お客様の中で呼び出されるお客様がこれも全体の5%だと仮定します。これももっともっと実際は低いはずです。ちなみにわたしはお呼び出しされたことがありません。

この条件のもと、千葉ナンバーと大宮ナンバーのお客様が連続してお呼び出しされる確率を考えると、
千葉のお客様5%(0.05)×大宮のお客様5%(0.05)×お呼び出しされる確率5%(0.05)で
なんと0.0125%の非常に低い奇跡的な出来事になってしまいます。

こんな奇跡的なことがそう簡単に起こるはずもなく、何か別の意味があるのではないかと思いました。

次の瞬間
千葉ナンバーのフィットでお越しのお客様、おことづけがございますので、近くの係員までお声かけください。
とまたもや、アナウンスが流れました。

千葉、大宮、千葉と3回連続で放送されて、これで可能性は0.000625%になりました。いうなれば100万回に6回の宝くじに当たるレベルの奇跡が目の前で起こったことになります。いやいやいやそんなことはない、と自然と駐車場に向かって歩いていきました。

 

検証開始

 

人をお呼び出しする場合には、なかなか検証ができません。

お呼び出しされた方の苗字はわかっても、人を見てどんな苗字なのかわかりませんので
誰だか特定できないからです。サービスカウンターまでお呼び出しされたら、サービスカウンターに張り込んでいればわかりますけどね。

今回は特殊でナンバーと車種を指定しています。これはわかりやすいです。
駐車場で同じナンバーの同じ車種を探せばいいだけです。

アナウンス内容を文字通りにとらえれば、昼だけどなぜかヘッドライトか車内灯が付きっぱなしとかそんなもんでしょう。駐車場をまわって異変がある車をみつければいいだけなので、とっても簡単です。

さっそく駐車場を見回ります。昼なのでライトつけっぱなしの車両なんてあるはずがありません。そのため千葉ナンバーのプリウスを探します。


でもへんなんですよ、プリウスどころか千葉ナンバーを探しても千葉ナンバーの車両さえいないのです。

見つからない理由

考えてみれば千葉と神奈川は海を隔てて向かい側です。

横浜まで来るためには東京都内を回ってくるか、アクアラインで海底トンネルをくぐってくるかのどっちかです。

都内回りであれば、わざわざ神奈川に来なくても都内で用事が済ませますし、アクアライン回りであれば、アクアラインの千葉側の出口は千葉のはしっこなので、千葉ナンバーの地域からだと時間がかかり、そしてアクアラインの料金が必要です。

どれだけ駐車場をくまなく歩き回って探しても、千葉ナンバーの車両を見つけることはできませんでした。

大宮ナンバーは車両はありましたが、残念ながらプリウスではありませんでした。高級外車が2台と軽自動車1台でした。

平日の昼下がりにプリウスに乗りそうな客層の人は、確かにデパートに行きそうではないですからね。普段働いている時間ではないでしょうか。

高級外車はお金持ちで時間が自由に使える人、軽自動車は奥様のおでかけでしょうか。
車しか見ていないので、実際は違うかもしれませんが、そんな妄想をしてしまいました。




検証結果

結果から言うと、

千葉ナンバーのプリウス 見つけることができず
大宮ナンバーのプリウス 見つけることができず
千葉ナンバーのフィット 見つけることができず でした。

 

残念ながら自分の目で見つけることはできませんでした。
もう帰っちゃった後かもしれませんが、目の前で遠くから来た人が立て続けにお呼び出しされるという、奇跡が起こるはずがないので、真相がとっても気になります。

そんな簡単に奇跡が起こるのであれば、今頃宝くじを当てて、南の島でバカンス中のはずです。どうしても気になったので、何とか本当の意味を調べる方法を考えてみました。

真相を確かめる方法

いましたいました。1人だけあてがあります。
大学新卒同期で、今年から転職し、都内の有名百貨店に勤務している同期がいました。
早速連絡を取ってみました。

遠くからお越しの方をお呼び出しする館内放送を聞いたけど、実在しなかった話をしたあと、
本当はどういう意味?と聞いてみました。

その答えは驚くべきものでした。
「教えない」

 

真相を確かめるための強引な理由

 

えー、知ってるけど教えないというのです。

わたしの聞き方も悪かったんですよね。ブログに書こうと思っているから教えてと、聞いたものなので、ブログに書くなら教えないという回答でした。

よくよく聞いてみると、結構きつく箝口令がしかれているようでして、言ったことがばれると、会社をクビになってしまうという理由でした。

デパートごとに放送の中身が違っていて、その情報を漏らしてしまうと
どこのデパートの情報か内部の人にはわかってしまうので、教えられないとのことでした。

断られてしまうと、ますます聞きたくなってしまうのが人間の心理というものでございまして、へんてこな理由をいいわけに、教えてほしいと懇願しました。

「そりゃ、理由を聞いてみないと、公表していいか悪いかわかんないじゃん」

この理由は論理的に破たんしています。公表していない理由を、本当に公表していけないのかどうか判断してあげるから、教えろと言っているのです。口から出まかせとはいえ、我ながらおそろしく強引な理由です。

わたしの強引すぎる理由づけに、最後は結局あきらめて折れてくれて、書いてはいけないことについては、絶対ブログに書かないことを条件に教えてくれました。

 



デパートの館内放送の真相

 

まず、都市伝説的なうわさの通り、今回のような館内放送は人の呼び出しではなく、やっぱり従業員向けのメッセージだそうです。

どおりで千葉ナンバーの車がなかったはずですよ。
千葉、大宮とめったに来ない地域の人を呼び出すことで、大多数のデパートで買い物している神奈川県民が「あれ?自分が呼び出されたかも?」って思わないようにデパート側の配慮でしょう。

今更気が付いたのですが、横浜ナンバーのプリウスでお越しの方なんて呼び出せば
それこそ数十人が該当しちゃいますからね。

ナンバーの地域と車種の組み合わせって、お客様を特定するにはかなり情報が足りないので、最初からメッセージには裏があることに気が付くべきでした。


肝心のメッセージについて、どんなメッセージかというと
万引きなどの犯罪が発生とか、小さくても火事が発生したという意味があるそうです。この場合放送される地域がポイントだとのことです。

これも都市伝説と言われている噂が正しいことが立証できました。しかし一番驚いたのはこれからです。どうも万引きとか災害とか、変な客の訪れとか館内放送は悪いことが起こった場合のイメージが都市伝説で語られている噂だったのですが、逆に店舗側にとって、とってもよいメッセージの場合があることに一番驚きました。


本当はここに記載したいのですが、いい方のメッセージについて書いてしまうと店舗や誰が言ったかばれるとのことで、絶対に書いてはいけないそうです。


ひとつヒントをいうとお客様商売だけあって、しっかり考えられているんだなというイメージを持ちました。本当に残念ですが、この程度の情報でお許しください。

 

まとめ

今回のかえるがおは、館内放送を聞いて遠くからのお客様ばかり呼び出しされることを不思議に思って、駐車場をかけまわって検証するという企画でした。


その日はとっても天気がよく、日中の気温が35℃を越えた猛暑日でした。駐車場の温度もとても高かったのですが、検証し終わった後のお茶屋さんで食べたかき氷がとってもおいしくて、よいご褒美となりました。


結果的には全部を公表することはできなかったのですが、検証シリーズはこれからも時間があるときに更新していきたいと思います。

以上かえるがおでした。おしまい。