続・今日もやっぱりかえる顔

なぜか巻き起こってしまうまぬけな日常を、ひらがな中心のまぬけなテイストでお届けします。ときどき乃木坂46。

乃木坂公式サイトのLINE流出問題から西野七瀬の性格について考えてみた

こん○○は、かえるがおです。

 

今回は乃木坂OFFICIAL WEB SITE内に、乃木坂運営スタッフの方のLINEでのやり取りが流出してしまった結果、なぜか全く関係ない西野七瀬さんがニュースサイトで性格が悪いという、正確でない情報でとばっちりを受けた話を取り上げたいと思います。

 

一見なんだか後味が悪いLINE流出問題ではありますが、この話は掘り下げてみてみると西野さんの魅力がわかる手がかりともなり、かっこいい公式WEB SITEの運営が意外とアットホームに行われていたこともわかってきました。

 

今回は、LINEでのやり取りが流出してしまったことをきっかけに、見えてきたものをかえるがおなりにまとめてみたいと思います。


出典:テレビ愛知「乃木坂工事中」#121

  

LINE流出問題について

まず嫌な話の方です。
現在は個人情報や、社内情報、関係社外秘情報など、情報管理がうるさいご時世です。
流出元の担当者の方は、すでにそれなり注意をされて反省されていると思いますが、やっぱり業務端末で社内情報のやりとりをするのであれば、リスクが大きい情報を公開するOFFICIAL WEB SITEの更新端末として利用しない方がいいですね。


やはり今回のように、漏えいした場合の影響の大きさを考えると、少し面倒でもセキュリティレベルに応じて作業を行う端末を変える必要があります。

今回は会話だったからよかったのかもしれませんが、これが企業の情報や、顧客リストとなると事件に発展してしまいます。自分でも本当に気を付けないといけない、他人ごとではない問題だと思いました。

 

乃木坂OFFICIAL WEB SITEは手作業でスタッフが更新? 

ただ、この話題から見えてきたことがあります。それは乃木坂のOFICIAL WEB SITEの更新を乃木坂のスタッフの方が自ら手作業で更新をしていたということです。

 

乃木坂くらいの莫大な売り上げを誇るプロジェクトであれば、一般的にWEBの作成やWEBの更新作業は別の専門業者に依頼する外注が多いです。メンテナンス、更新費用はかかりますが、安定稼働ができ、セキュリティも保護され、安全に簡単に更新作業ができます。

 

乃木坂のOFICIAL WEB SITEのスタイルシートを見る限り、WEBデザインは明らかに外注されたと思われますが、そのデザインをもとに6年間も手作業でスタッフの方が、WEBデザインが専門でもないのに、手作業で更新されていることがわかります。

 

そう思うと、なんだか流行の最先端のかっこいい存在の乃木坂を作る環境が意外にアットホームなところに驚きました。


出典:白石麻衣の『推しどこ?』


WEBの詳しい部分については触れませんが、今までスタッフの方が手作業で更新されてきたことについて、実は以前から気が付いていました。

「白石麻衣の推しどこ?」に収録されている秋元真夏腹黒裁判内で、副音声の白石さんが、ブログアップ担当のスタッフさんの存在について語っていました。 

乃木坂OFFICIAL WEB SITEの隠された情報

もう時効だから書きたいと思いますが、この乃木坂OFFICIAL WEB SITE内には今でも以前の情報がたくさん残っています。

乃木坂を卒業した橋本奈々未さんの画像は、サイト内には表示されないようにリンクは手作業で消してありますが、ファンにはありがたいことにサーバー内には橋本奈々未さんの画像データはいまもなお残っています。

http://img.nogizaka46.com/www/member/img/hashimotonanami_prof.jpg

引用:乃木坂 OFFICIAL WEB SITE 

同じディレクトリには、卒業された深川麻衣さんの画像も、永島聖羅さんの画像も、伊藤寧々さんの画像も保存されたままです。

また、メタデータと言われるブラウザ上に表示されないデータの中には、卒業したメンバーのあんちゃんマンこと安藤美雲さん、アナウンサーに内定した市來玲奈さん、ももクロでは伝説のお笑いメンバーだったゆっきーなこと柏幸奈さん、ゆみ姉こと岩瀬佑美子さんなど、初期のメンバーの名前が全員残っています。

乃木坂の当初のスローガンだった「私たちには、超えなければならない目標がある!」という言葉も残っています。この言葉はとってもいい言葉ですよね。OFFICIAL SITEの記事を引用すると、このメタデータから「私たちには、超えなければならない目標がある!」という文字が表示されます。

 


更新の過程で発生する、このようなデータは外注のWEB専門の人であれば、見えないデータについても随時メンテナンスして更新するんですが、今も残り続けているということは乃木坂のスタッフの皆さんが、WEBを学びながらご自身で少しずつ更新してきたことを意味しています。

このLINE流出のニュースから、かっこいい乃木坂の運営のスタッフの方々が、手作業でOFFICIAL SITEとメンバーブログの更新をこれまでこつこつ続けてきたという、意外とアットホームな側面が見えてきました。 

流出したLINEの内容

関係者の方々への影響や、具体的なメンバーの名前も記載してあるため、本ブログでは、今回流出した具体的なLINEの内容については公開は控えたいと思います。すみません。

流出したLINEの内容についても、スタッフの方にとって大切なメンバーのことをちょっと乱暴に表現されていると受け取られる個所もあって、これもすでに注意を受けて反省されていることでしょう。

 

ただし、メンバーのことが記載している内容を見る限り、意外とメンバーとスタッフの方の距離感が近く、これまたスタッフの方と乃木坂メンバーとのアットホームな様子も見えてきます。

 

乃木坂メンバーを精神的に見てみると、個性的ですが、確固たる自分を持っていて、ひとりでも存在できる精神的な強さを持ったメンバーが多いです。ファッション誌の専属モデルが10名もいて、きれいでかっこいいメンバーが多いことから、その運営体制も個々が独立していて、洗練されて少し冷たいような印象をもっていました。母体はあのcoolなsony musicですしね。

 

でも今回流出した会話のやり取りを見て感じたのは、スタッフの方と乃木坂メンバーの距離感がとっても近く、まるで家族か気軽な友達のような雰囲気で、接しているんだなぁという点です。

 

やっぱり見た目のきれいさよりも内面にちゃんと目を向けないといけませんね。見た目がきれいな乃木坂メンバーが、スタッフさんと気持ちの面まで含めて、しっかり協力して仕事をされてることについても、今回のLINEの流出から見えてきました。 

西野七瀬さんの性格が悪い疑惑の真相

出典:乃木坂46・西野七瀬「性格最悪」疑惑!? 公式サイト「運営LINE」流出に見る暗い現状 | ギャンブルジャーナル | ビジネスジャーナル

 


出典:テレビ愛知「乃木坂工事中」#121


問題のニュース記事によると、西野七瀬さんは性格が悪い疑惑があるそうです。その根拠は流出したLINEの中に、以下の文章があったからでした。

 

『西野は後ほど自分か●●(担当者名)から送ります。少しご機嫌じゃないので様子を見てます』

 

西野さんのデータは後でスタッフの方から送ることと、少しご機嫌ではないので様子をみていますという内容です。

少しご機嫌ではない=少し機嫌がよくないという意味でしょうか。あんまり「ご機嫌」という言葉もよくないですよね。「機嫌」と「ご機嫌」では、「ご機嫌」の方が表現した人のよくない感情が入っています。

 

この表現を見て、ニュース記事では「記者」と名乗る人が、運営側が西野さんに気を使っているのがわかり、アイドルの裏の顔にショックを受ける人が多い と表現されています。

もちろんショックを受ける人が多いという点については、事実ではなさそうです。少なくともわたしの周りやTwitterではまったく話題にさえなりませんでした。

ご機嫌がよくない?

まず、最初に機嫌が悪くなる話からです。この世の中に機嫌が悪くならない人はいるのでしょうか?性格がいい人でも、機嫌が悪くならない人に、今まで会ったことがありません。ちなみにわたしはおなかすくとすぐに機嫌が悪くなってしまいます。

 

このLINEの会話から、スタッフさんが見て、西野さんの機嫌が少し悪いと思ったということはわかりますが、その時に西野さんが本当に機嫌が悪かったのか、また本当に機嫌が悪かったのであれば、なぜ機嫌が悪かったのかは書いてないため、想像するしかありません。

 

ニュースとして正しく公平に報道をするのであれば、西野さん側に真意を聞かないと個人的には、どうも平等ではないような気がしてしまいます。特にネガティブな内容を記事で流すのであれば、できれば検証してほしかったというのが私の率直な意見です。

ほんとにひどい目にあってて、機嫌がわるいのも当然の状況だったかもしれません。真相はわかりません。

 
どんな人でも機嫌が悪いことがあるし、本当に機嫌が悪いのが事実かどうかもわからず、その理由もわからない。このLINEの流失は一部分の情報しかないため、この文章で性格が悪いと決めつけるのは、論理が飛躍しすぎだと思うのです。 

守ってあげたい存在



以前の記事に書いたように、西野七瀬さんを語るには、わたし程度の精神力では語ることができないというというのは、今もまったく同じ思いです。ただ前回の記事は言葉が足りなかったので今回は少し補足をしてみたいと思います。

西野さんを表現するときに、よく守ってあげたくなるという表現を聞きます。これは、かわいいとか、きれいとかという表現方法とは根本的に違います。

 

かわいいとか、きれいとかいう表現だと、まさにその対象の人のことを表現していて事実かもしれませんが、「守ってあげたい」という表現だと、見た人の感情が主であって、それが事実かどうかはわかりません。

西野さんを見て「守ってあげたい」と感じた場合は、その「守ってあげたい」は見た人の感想でしかなく、西野さん自体を表した言葉ではないような気がします。

そもそも西野さん自身も、たくさんの人に守ってもらいたいとは思ってないだろうし、その西野さんを見て、守ってあげたいという感想を持つ場合、西野さんの儚く美しい容姿を見て感じた、一時的な感想でしかないような気がします。

西野七瀬の自然体 

たしかにぱっと見、西野さんはおとなしくて、自分から前に出るタイプではなく、落ち着いています。

各メンバーの推しどこ?のコメンタリーを比較すると分かりやすいのですが、他のメンバーは映像と違う話で盛り上がりますが、西野さんは落ち着いてじっくり映像を見て、その場面の感想を言葉は少ないですが、的確に率直に話しています。

 

その言葉は大げさではないぶんだけ、とっても説得力があります。じっくり物事を見ているからこそ、本質をとらえた芸術的なあの絵が書けるのかもしれません。このことを前回の記事では、西野さんの自然体と表現しました。


出典:テレビ愛知「乃木坂工事中」#107
 

番組でもそうです。オーバーなリアクションやオーバーな話もしません。いつも落ち着いていてどっしり構えていて、とっても器が大きいんだと思います。

わたしだったら間が持たずドキドキして、すぐ間を埋めるため、みんなが笑ってくれそうなことを言ってしまいます。誰かと話していても間がとってもこわいし、日常生活の中で常に複数の物事を考えて絶えず動き回ってしまいます。

一方西野さんは、いつでも落ち着いていてVTRもじっくり見ることができるし、大げさなリアクションより、率直で的確な自分の感想を言えるところが、とても器が大きいと思う点で、わたしの精神力では語れないと書いた根拠です。 

西野七瀬という存在感

儚く美しい容姿、おとなしくて落ち着いているところをクローズアップされることが多い西野さんですが、末っ子で甘えんぼうなところや関西独特のお笑いや楽しいところ好きな点など、知れば知るほどたくさんの西野さん像が見えてきます。


そもそも西野さんは、確固たるしっかりした自分の価値観を持っている人です。乃木坂初期でまだフューチャーされていない頃に、おしゃれ番長に選ばれた時も、自分のファッションについてしっかり語っていました。


出典:桜井玲香の『推しどこ?』


番組の企画で嘘はつかないことを明かす場面もありましたし、正しいことを全うするために、言うべきことははっきり言うなど、確固たる自分を持っている人です。こういところもやっぱり精神力が高く、器が大きいと思える点です。


出典:西野七瀬の『推しどこ?』


儚い美しさの容姿のイメージは確かに強いですが、そういう儚く守ってあげたいというイメージで西野さんを見てしまうと、実際の精神力が高い内面との違いに、今回の記事のように戸惑ってしまうリスクがあります。


出典:西野七瀬の『推しどこ?』

また、スイカメンバーの香港旅行で、西野さんはいつもスタバでみんなの荷物を見ていたというところで、メンバーから語られた西野さんは三半規管が弱く、疲れやすいから
という言葉を覚えている方も多いかと思います。

確かに香港旅行に行かれた2016年末あたりは、西野さんの笑顔があまり見られずとても心配していました。このことから西野さんは身体があまり強くない面も見えてきます。


出典:テレビ愛知「乃木坂工事中」#107

 


最近の西野さんはかわいいポーズは多いのですが、以前と比べるとやっぱり無邪気な笑顔は減ってきたと思います。

それは、乃木坂を背負っていく中心メンバーとしての自覚で、凛として存在されている点もあるとは思いますが、体調がすぐれないのを無理して頑張られているのかもしれないと思うと、正直とても心配です。

アイドル活動よりなにより一番大切なのは、西野さんご自身の体調です。ぜひ無理しないで、健康に気を付けながら今後もアイドル活動を続けてもらいたいと思います。

 


出典:西野七瀬の『推しどこ?』 

西野七瀬の『推しどこ?』 [DVD]

西野七瀬の『推しどこ?』 [DVD]

 


これまでの話を総合して、LINEの内容をもう一度確認してみると、西野さんをその時ご機嫌がよくないとスタッフが思った理由はなんでしょうか。

仕事が忙しくて体調が悪かったのかもしれないし、正義感の強い西野さんはほかのメンバーのためにスタッフさんと議論してたのかもしれません。

ただ単に機嫌が悪かったとしても、そんなこと普通の人には山ほどあります。ただこのことだけで西野さんの性格が悪いとはまったく言えないことを理解していただけるかと思います。

 
ただし、西野さんはわたしの精神力をはるかに凌駕しているので、わたしにはこの程度しかわからないのは、以前の記事の時と同じです。

性格が悪いどころか、個人的にはとても尊敬しています。ただし西野さんの精神力のすべてがわかっているわけじゃないですけどね。少しでも西野さんについてわたしレベルでもわかったことがあれば、また記事にさせていただきたいと思います。 

最後に

今回のLINE流出問題ですが、確かに企業としてはよくないことだと思いますが、乃木坂メンバーとスタッフのみなさんがとてもアットホームだったり、改めて西野さんのすごさを実感できたことにもつながりました。

 

また、個人的には19thシングルは映画『あさひなぐ』とのタイアップのため、異例の短い期間でのシングルリリースであることがわかり、19thシングル選抜メンバー予想の記事、そして19thシングル選抜メンバー決定の記事で書いた内容がまちがいなかったことがブログを書くものとしてはうれしかったです。

 


それにしても流出したLINEの記載を読んでみて、まなったんに対するスタッフさんの扱いに笑ってしまいました。ファンだけでなく、スタッフさんも認める確固たるキャラを確立されているんですねぇ。

 

以上今回のかえるがおはおしまいです。お粗末さまでした。