続・今日もやっぱりかえる顔

なぜか巻き起こってしまうまぬけな日常を、ひらがな中心のまぬけなテイストでお届けします。ときどき乃木坂46。

乃木坂46モバメをフリーメールで受信する方法まとめ

総務省のスマホ料金の引き下げ要請を受けて、ahamo、povo、Softbank on LINEと各社の格安プランが出揃いました。

この格安プランは、従来のプランのフルサービスから、受付、サポートをWebのみにしたり、キャリアメールを提供しないことで、格安の料金を実現しています。

たしかに月々のスマホ代が安くなるのは魅力的ですが、乃木坂ファンとして心配なのは、もし格安プランに乗り換えた場合はキャリアメールがないことから、

ひょっとしたらモバメを受け取れなくなるんじゃ…

という心配です。

最近までモバメは公式にキャリアメールのみ対応をうたってましたし、フリーメールが使えるのかどうかYahoo知恵袋調べてみても「使える」「使えない」と回答が別れている状態です。

そのため100万人を越えるモバメを利用されている方へ、格安SIMでも安心してモバメのすてきなサービスを受け続けることができるように、検証してみました。

モバメをフリーメールで受信する方法

出典:乃木坂46 Mail | 乃木坂46 Mobile 続きを読む

乃木坂46『Route 246』で迎えたパフォーマンスの転換点

毎年、夏や年末に数時間の音楽特番が放送されます。その音楽番組には、様々なアーティストが登場するのですが、多くのアーティストを見れば見るほど、乃木坂ファンのわたしはなぜか乃木坂のパフォーマンスを見て、誇らしく思ってしまいます。

では、なぜ誇らしいと思ってしまうのか、その理由が今回の記事を書くきっかけとなりました。

一言でアイドルと言っても、そのパフォーマンスに様々な特徴のアイドルが存在します。 

時代を席巻したAKB48は会いに行けるアイドルというコンセプトと、カラオケでみんながまねできる振りでファンをつかみました。BABYMETALはアイドルとヘビメタの融合、ももいろクローバーZは全力のパフォーマンス、そしてNiziUは韓流の原色使いの華やかなイメージとキャッチーな振りで人気を集めています。

アイドルと言っても、どのアイドルグループもそのパフォーマンスに特徴を持っていることがわかります。

では、乃木坂46のパフォーマンスは、どんな特徴で他のアイドルとどのように差別化を図っていて、なぜ見ていて誇らしいと思ってしまうのか、今回は1ファンとしてその理由を考えてみました。

乃木坂46『Route 246』

出典:テレビ朝日『ミュージックステーション ウルトラSUPER LIVE2020』 続きを読む

映画版「映像研には手を出すな!」細工は流流仕上げを御覧じろっ!

今回のかえるがおは映画版「映像研には手を出すな!」公開記念特別編として、
急遽更新させていただくことになりました。

特別編と言っても、記事の中身はなんにも変化はありませんので、
単なる映画公開おめでとうございます!と思う気持ちの表れの問題でしかございません。
 

よくあるような、大々的なキャンペーンやプレゼント企画などはございませんので
そのへんの苦情のメールは受け付けておりません。あしからずでございます。

映像研には手を出すな!

出典:9.25(金)公開 映画『映像研には手を出すな!』本予告第二弾【公式】Youtube

続きを読む

実写版『映像研に手を出すな!』の魅力を考えてみた

いよいよ『映像研には手を出すな!』実写版の放送がスタートしました。

TBSでは4月7日深夜から、MBSでは4月5日から始まり、その他の放送局でも、続々と放送開始となりました。

原作は月刊スピリッツに連載中のまんが『映像研には手を出すな!』で犬童澄瞳さんの作品です。

TV版、映画版『映像研に手を出すな!』(以下映像研)の主演は乃木坂46齋藤飛鳥さん、山下美月さん、そして梅澤美波さんの3人です。

実際に放送が開始され、数々のネットニュースやSNSでも高い評価を受けているようですが、ファンならではの視点で、映像研についての記事をまとめたいと考えていたため、実は高評価を受けたすべての記事を読んでいません。

話題になっている記事のタイトルは何度も見て、読んでみたいという衝動に襲われてことが数え切れないくらいあったのですが、しっかりと自分なりの意見をまとめるまではと思って我慢を続けてきました。

そんな映像研の作品を自分なりの視点で、まとめてみたいと思います。

 

乃木坂 映像研に手を出すな!

出典:『映像研には手を出すな!』「映像研」実写ドラマ化作戦会議

続きを読む

白石麻衣卒業発表で見えてきた乃木坂46が迎えたターニングポイント

2020年が始まって、お正月気分が抜けない1月7日の早朝のことでした。

新聞紙面、テレビ番組は特集して報道し、トレンドワードの上位はこの言葉で溢れました。

白石麻衣乃木坂46を卒業

いつかは必ず訪れることがわかっていたはずなのですが、ファンが受けた衝撃はすさまじく、未だに複雑な思いを抱えているファンも多くみられます。

今回の記事は、史上最高のアイドルと呼ばれた、白石麻衣さんの乃木坂卒業を機会に迎えた、乃木坂46のターニングポイントについて、記事にまとめてみたいと思います。

 

白石麻衣 卒業
出典:日本テレビ「アナザースカイ」

続きを読む

柳沢翔×齋藤飛鳥が送るFOD『鳥,貴族』空想と現実の狭間の刹那

現在、動画配信サービス、フジテレビオンデマンド(FOD)では、乃木坂シネマズ~STORY of 46~企画として、乃木坂46のメンバー10人を主演に、10人の映像クリエーターの作品が、毎週公開されています。

信頼できる人から今回の企画の情報を聞き、是非視聴したくなって視聴してみたところ、非常にクオリティが高く芸術的で、驚くほどとても素晴らしい作品でした。乃木坂46の個人PV好きとしては、決して見逃してはいけないと言える作品でした。

今回は特に乃木坂シネマズ~STORY of 46~の中でも、第1話齋藤飛鳥が主演する柳沢翔監督作品、『鳥,貴族』について、個人的な感想をまとめてみたいと思います。

 

齋藤飛鳥『鳥,貴族』
出典:https://twitter.com/fujitvplus(FOD公式Twitter)

続きを読む

乃木坂46ついに新しい時代の幕が上がる!日本レコード大賞2019

年末の風物詩と言えば、日本レコード大賞と紅白歌合戦です。
いまや乃木坂46の出演は当たり前のように思ってしまいがちですが、年末の最後まで乃木坂46のパフォーマンスを見れることに、どうしても感謝の気持ちを抱いてしまいます。

今回は惜しくも3連覇を逃しはしたものの、日本レコード大賞の場にふさわしく、他の有名アーティストに決して負けない、圧巻のパフォーマンスを見せつけた乃木坂46のパフォーマンスを、新しい時代の幕開けというキーワードとともに振り返ってみたいと思います。

 


出典:TBS『第61回 輝く!日本レコード大賞』 続きを読む

乃木坂46の運営の方へむけて各メンバーの公式ブログ書籍化のお願い

こん○○は、今回のかえるがおは、ずばり乃木坂46の運営さんへ、乃木坂46の公式ブログを、メンバー全員分出版してもらえませんか、とお願いするだけの記事です。

まーったく内部事情をしらないくせに、毎回毎回好き勝手に乃木坂のことをえらそうに語っている1ファンの要望なんぞを、まさか聞いてやろうという気にさえならないことはじゅうじゅう承知のうえでございます。

それでもなんとかお願いだけでも聞いてほしいと、届くはずもない声を張り上げてみるだけの記事です。

万が一、いや億が一、乃木坂運営様(←様になってる笑)のお目にとまることがあれば、最後までお読みいただき、要望の趣旨だけでもご確認いただけるとさいわいです。

はい、もちろん例に漏れず、今回もまた長文ですけどね。

今回は、あることが疑問になって、Google先生で検索をするところから始まります。


その検索結果の一番最初に、乃木坂46のあるメンバーのブログの内容が表示されたのです。

あ、申し遅れました。これから書くことは、どのメンバーでも共通することだと思いますので、ブログの筆者である乃木坂46の具体的なメンバーのお名前は出すことはありません。すみませんがご了承いただけると助かります。

続きを読む