続・今日もやっぱりかえる顔

なぜか巻き起こってしまうまぬけな日常を、ひらがな中心のまぬけなテイストでお届けします。ときどき乃木坂46。

思ったことと逆のことが起こってしまうときに忘れてはいけないこと

今回のかえるがおは、過去の記事の続編のお話です。

第1回目が『なぜ思ったことと逆のことが起こってしまうのか検証してみた』、第2回目が『知らないうちに奇跡は起こっているのか検証してみた』という記事を書かせていただきました。

今回は第3回目として、これまでの検証結果にのっとり、どのように未来のことを考えていけばよいのかという、なんだか高尚な生き方にも関わることについてまとめていきたいと思います。

もちろんかえるがおならではの、まぬけでひらがな中心のテイストは変わりませんので、ハードルを低めにお読みいただけると助かります。では3回目のはじまりーはじまりー。

 

続きを読む

正義感で個人を叩いたりバッシングしたりする心理-集団ヒステリー-

あれは、20代の頃の出来事でした。

多くの人が参加されている会の参加者のひとりが、ある残酷な告知を現実のものとして受け入れることができなくなり、
責任を転嫁させるために、つい、思わず嘘をついてしまいました。

残酷なことになってしまったのは、かえるがおのせいだと、かえるがおはわるいやつだと…

 

その一言をきっかけに、その会は大紛糾しました。


かえるがおというやつはどれだけ悪い人なんだと、たくさんの人から怒号が飛び交い
大半の人は涙を流しながら、そして指を指してわたしはひどい人だと激しく訴えていました。

一緒に参加した仲間も含めて。

いやいやそれ違いますよ、という雰囲気でもなく
あの方が嘘をつかれていますよ、と言えるわけでもなく
わたしに対する怒号が飛び交う中、次第次第に追い込まれていって

そして…

 

結果的には月日がたった後、罪の意識に苛まれ、嘘をついた人が本当のことを言ってくれて、批判をされたことが事実ではないと、みなさんにわかってもらったはずなのですが、嘘を隠すために集団が行ったもっと残酷なことは…

過去のこの出来事は、わたしのその後の人生を変えてしまいました。

 

まだまだ未熟なわたしはこの出来事を消化できないこともあり、
詳細は来たるべき時期に、このブログに書かせてもらいますので
もう少し、お時間をいただけるとうれしいです。

この出来事を現代の言葉に当てはめてみると

炎上叩かれバッシングということでしょう。

 

正義をかざした個々が集団で個人に対して牙をむくことを

わたしは集団ヒステリーの一種の現象だと思います。

 

続きを読む

現代社会で主体的に生き抜くために必要な能力

今回のお話はめずらしく政治ネタから始まります。

最近お隣の国韓国との折り合いが良くないようです。

コスメや韓流アーティスト、韓流アイドルだけでなく、現在は日本のアイドルも韓国で活躍する時代です。
 

特に若い世代にとって見ると、おしゃれで憧れている人も多く、日本人なのに韓国語でTwitterをつぶやいているアカウントもあります。そのような世代にとってみると、おしゃれで物価が安い韓国に旅行に行くことが、日々のモチベーションとなっている人もいるほどです。

そんな世間を賑わす政治ネタの難しいことは、いつものようにわからないのですが、せっかく個人間交流が盛んな国なのに折り合いがよくないという、報道を聞いていく中で学んだ、


生活しにくい現代を主体的に生き抜くために必要なスキルについて、まとめておくだけの記事です。

他意はございませんので、誤解を呼ぶようなへんな記載がありましたら、心よりお詫び致します。


続きを読む

気が乗らないやらなければいけないことのやる気を引き出すためには

今回のお話も就活に関するお話から始まります。


最近とある大規模に行われる試験を、今頃になって受験したのですが、

その受験勉強の期間に、プライベートでばたばたしてしまって、

受験勉強にじっくり取り組むことができませんでした。

 

もともとのん気で直前にならないと焦って勉強しないタイプじゃなかったっけ?

という感想を持つ方もいらっしゃることだとは思いますが、

そう言ってしまうと話が進みませんので、つつがなく話を続けさせていただきたいと思います。

 

過去の自分を振り返って

あぁ、もっと勉強してればよかったなぁ

 

なんて後悔してみても、過ぎ去った時間は元に戻るはずもありません。

 

ただし、プライベートがばたばたしていたということはまぎれもない事実です。

今回のかえるがおは、いつもたくさん我慢して頑張っている人へ、やる気の引き出し方についてまとめてみたいと思います。

続きを読む

TOHOシネマズのポップコーンはおいしいけど選び方が難しかった

こん○○は、かえるがおです。

みなさんは映画館にはよく行かれますか?
わたしはまったく行ってなかったのですが、先週3回もレイトショーを見に行ってしまいました。

3回とも同じ作品を見てしまうのが、とってもまぬけところです。すべてTOHOシネマズで映画を見たのですが、TOHOシネマズの売店ではとっても気になる食べ物が売っていました。それがポップコーンです。

今回のかえるがおは、実体験をもとに実際食べてみた、おすすめのおいしいTOHOシネマズのポップコーンについて、購入するときに注意したい点も合わせてまとめてみたいと思います。


2019/08/15追記
TOHOシネマズ売店全メニューを追記しました。

出典:メニュー写真 : TOHOシネマズ 日本橋 - 新日本橋/その他 [食べログ]

続きを読む

就活、採用試験の当日にこそ必要で差が出る試験対策法を考えてみた

こん○○は、かえるがおです。

実は最近ある試験を受けました。合格率がたったの0.6%という、参加するだけで意義があるという、まるでオリンピックのような試験でした。

まぁ、試験を受けるまでの間も、プライベートでいろいろあって試験勉強に集中することができず、試験の前日もばたばたしていてまったく眠れなかったというていたらくでした。

こんなわたしでも、なんとか人並みに試験を受けることができましたので、その内容をまとめておきたいと思います。

学生時代に予備校や進学塾の講師をしていたのですが、そのときに教えていたのが、試験を受けるときには、あめを口に入れていると集中できるというものでした。今回もそんなレベルの話ですので、ハードルは低めでお読みいただけると助かります。

続きを読む

就活、採用試験の面接でよい結果を得るための心構えをまとめてみた

実は最近、受験者数が多い大規模な就職試験を受けました。
久しぶりに履歴書を書いて、面接試験を受けてきました。

 

そこで疑問に思ったのは、面接試験ってどうしたら採点がよくなるんだろうということです。

現在面接の試験も点数化されることがあります。点数化されなくても、印象がよい方がいいに決まっています。

今回のお話は、民間企業で面接官を務めたこともあるかえるがおが、面接に挑むべき心構えを、今後も忘れることがないように、自分用に記録に残しておくだけの記事です。同じように面接試験を受ける方にとって、もし少しでも参考になれるといいなと思っています。

また、いつも読んでもらっている読者のみなさんには、まったく関係ない個人的な話で申し訳ありません。またいつか楽しい話を書きたいと思いますので、気長にお待ちいただけるとうれしいです。

続きを読む

人生の分かれ道に思うこと-チャンスを見逃さない決断をするとき-

実はこの記事ですが、ちょうど2年前に書いて、公開することなくつつがなくボツにした記事です。

ここに書いてあるのは、当時の会社に勤めつつ、夢だった職業の採用試験を受けている様子です。

結果はご想像のとおりもちろん不合格。面接試験で担当の女性に、「なぜここにきたの!」「一度やめたのに来る必要ないでしょ」と叱責され、面接試験の結果がたったの20点という笑える結果でございました。

 
なぜこの記事をいまさら公開するのかといいますと、確かに合格して夢だった職業に就きましたよという話ではありませんが、不合格だったとしてもやっぱり、この時の出来事が、自分の人生の分岐点だったと思うからです。

不合格だったわたしは、次の年会社を辞めて臨時任用として夢だった職業に戻ってくることにつながります。

幸せのカタチはみんな異なります。

お金が一番重要だと思っている人も多いです。やりがいをもつことと思っている人もいるでしょう。友達や子ども、家族に囲まれていることと思っている人もいるでしょう。

この記事は、自分の幸せのカタチを見つけるべく、環境に翻弄されながら一歩ずつ歩きだしたひとりのまぬけなやつの失敗した記録でしかありませんが、自分の幸せのカタチに迷っているひとの勇気につながればいいなと思って、思い切って公開させていただきます。

よかったら、最後までお楽しみください。いつものように長いですけどねー。

 

続きを読む