続・今日もやっぱりかえる顔

なぜか巻き起こってしまうまぬけな日常を、ひらがな中心のまぬけなテイストでお届けします。ときどき乃木坂46。

映画版「映像研には手を出すな!」細工は流流仕上げを御覧じろっ!

今回のかえるがおは映画版「映像研には手を出すな!」公開記念特別編として、
急遽更新させていただくことになりました。

特別編と言っても、記事の中身はなんにも変化はありませんので、
単なる映画公開おめでとうございます!と思う気持ちの表れの問題でしかございません。
 

よくあるような、大々的なキャンペーンやプレゼント企画などはございませんので
そのへんの苦情のメールは受け付けておりません。あしからずでございます。

映像研には手を出すな!

出典:9.25(金)公開 映画『映像研には手を出すな!』本予告第二弾【公式】Youtube

続きを読む

実写版『映像研に手を出すな!』の魅力を考えてみた

いよいよ『映像研には手を出すな!』実写版の放送がスタートしました。

TBSでは4月7日深夜から、MBSでは4月5日から始まり、その他の放送局でも、続々と放送開始となりました。

原作は月刊スピリッツに連載中のまんが『映像研には手を出すな!』で犬童澄瞳さんの作品です。

TV版、映画版『映像研に手を出すな!』(以下映像研)の主演は乃木坂46齋藤飛鳥さん、山下美月さん、そして梅澤美波さんの3人です。

実際に放送が開始され、数々のネットニュースやSNSでも高い評価を受けているようですが、ファンならではの視点で、映像研についての記事をまとめたいと考えていたため、実は高評価を受けたすべての記事を読んでいません。

話題になっている記事のタイトルは何度も見て、読んでみたいという衝動に襲われてことが数え切れないくらいあったのですが、しっかりと自分なりの意見をまとめるまではと思って我慢を続けてきました。

そんな映像研の作品を自分なりの視点で、まとめてみたいと思います。

 

乃木坂 映像研に手を出すな!

出典:『映像研には手を出すな!』「映像研」実写ドラマ化作戦会議

続きを読む

白石麻衣卒業発表で見えてきた乃木坂46が迎えたターニングポイント

2020年が始まって、お正月気分が抜けない1月7日の早朝のことでした。

新聞紙面、テレビ番組は特集して報道し、トレンドワードの上位はこの言葉で溢れました。

白石麻衣乃木坂46を卒業

いつかは必ず訪れることがわかっていたはずなのですが、ファンが受けた衝撃はすさまじく、未だに複雑な思いを抱えているファンも多くみられます。

今回の記事は、史上最高のアイドルと呼ばれた、白石麻衣さんの乃木坂卒業を機会に迎えた、乃木坂46のターニングポイントについて、記事にまとめてみたいと思います。

 

白石麻衣 卒業
出典:日本テレビ「アナザースカイ」

続きを読む

柳沢翔×齋藤飛鳥が送るFOD『鳥,貴族』空想と現実の狭間の刹那

現在、動画配信サービス、フジテレビオンデマンド(FOD)では、乃木坂シネマズ~STORY of 46~企画として、乃木坂46のメンバー10人を主演に、10人の映像クリエーターの作品が、毎週公開されています。

信頼できる人から今回の企画の情報を聞き、是非視聴したくなって視聴してみたところ、非常にクオリティが高く芸術的で、驚くほどとても素晴らしい作品でした。乃木坂46の個人PV好きとしては、決して見逃してはいけないと言える作品でした。

今回は特に乃木坂シネマズ~STORY of 46~の中でも、第1話齋藤飛鳥が主演する柳沢翔監督作品、『鳥,貴族』について、個人的な感想をまとめてみたいと思います。

 

齋藤飛鳥『鳥,貴族』
出典:https://twitter.com/fujitvplus(FOD公式Twitter)

続きを読む

乃木坂46ついに新しい時代の幕が上がる!日本レコード大賞2019

年末の風物詩と言えば、日本レコード大賞と紅白歌合戦です。
いまや乃木坂46の出演は当たり前のように思ってしまいがちですが、年末の最後まで乃木坂46のパフォーマンスを見れることに、どうしても感謝の気持ちを抱いてしまいます。

今回は惜しくも3連覇を逃しはしたものの、日本レコード大賞の場にふさわしく、他の有名アーティストに決して負けない、圧巻のパフォーマンスを見せつけた乃木坂46のパフォーマンスを、新しい時代の幕開けというキーワードとともに振り返ってみたいと思います。

 


出典:TBS『第61回 輝く!日本レコード大賞』 続きを読む

乃木坂46歴代のシングルセンターはファンが選んだセンターだった

今回のかえるがおは、これまで何度かこのブログで触れてきた、乃木坂46の選抜メンバーのセンターの人選について、考えてみたいと思います。

日頃から努力を惜しまず、現在も切磋琢磨されているメンバーのためにも、センシティブな内容にならないように、あくまで1ファンとしての気持ちをまとめておくだけにしたいと思います。


今回の記事も客観的な事実や学術的な分析ではなく、乃木坂の1ファンであるかえるがおが、感じたことをまとめただけの記事です。いつもお願いばかりですみませんが、その点は誤解がないようお願いします。

最初は、プロデュース側の意図にスポットをあてて考えてみたいと思います。

出典:乃木坂46「齋藤飛鳥、白石麻衣、西野七瀬/背伸び」篇 6秒 | マウスコンピューター 続きを読む

なぜ多くのファッション誌にモデルとして起用されるのか-齋藤飛鳥-

近所のコンビニに入ると、なぜかいつも決まって視線を感じてしまいます。どうやら店員さんから、"こいつ、あやしいやつだな"思われている視線ではなく、その視線はどうも雑誌コーナーあたりから、向けられているようです。

コンビニに入っただけで、視線の方向に顔を向けなくても、ぼんやりとした視界の片隅に、なぜか懐かしくて安心できるような視線を感じてしまうのです。

その視線の正体を知るために、雑誌コーナーを振り返ってみると、
そこには雑誌の表紙を飾っている乃木坂46齋藤飛鳥さんの姿がありました。

今や深川大作戦(ご存じない方はぐぐってくださいね)をやらなくても、本当に驚くことに、競合するまんが雑誌の表紙すべてが、乃木坂メンバーというような週もあるくらいです。

出版不況と言われて久しい出版業界にとって、乃木坂の存在は写真集の売り上げだけでなく、表紙を飾るだけで売れ行きが違うと言われるほどの救世主だそうです。

ファッション誌の専属モデルも多い乃木坂46ですが、その乃木坂メンバーの中でも1番ファッション誌でよく見かける齋藤飛鳥さんが、なぜ多くの雑誌にモデルとして起用されるのか、その理由を考えてみたいと思います。

ここで大切なお願いです。

すでにご存じだとは思いますが、この記事はひとりのファンが、個人的に感じたことをまとめただけの記事です。事実という確証も根拠もありませんし、学術的に分析したわけでもなく、そして当然ご本人に聞いたわけでもありません。

こんなふうに考えるファンもいるんだなー、くらいに思ってもらえると助かります。


出典:『sweet』2019年10月号 続きを読む

『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』は見返したくなる作品だった

『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』は乃木坂46を題材にした2作目のドキュメンタリー映画です。

前作『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』から4年。前作で描かれた結成の頃から4年間の乃木坂46と比べ、今や国民的アイドルまで坂を駆け上がってきた乃木坂46が、今回の作品でどう描かれるのか、個人的に楽しみにしていた作品でした。

今回は『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』を鑑賞して、1乃木坂ファンであるわたしかえるがおが感じたことを、まとめて記録に残しておきたいと思います。

出典:https://www.2019-nogizaka46.jp/

続きを読む