続・今日もやっぱりかえる顔

なぜか巻き起こってしまうまぬけな日常を、ひらがな中心のまぬけなテイストでお届けします。ときどき乃木坂46。

斎藤ちはる、相楽伊織、乃木坂46卒業に思うそれぞれの輝ける場所

乃木坂46の斎藤ちはるさん、相楽伊織さんが、乃木坂46 アンダーライブ全国ツアー2018~中部シリーズ最終日に、乃木坂46からの卒業を発表されました。

斎藤ちはるさん、相楽伊織さん、乃木坂46卒業おめでとうございます。


今回もまた、普通の乃木坂ファンでしかないかえるがおが感じただけの、おふたりの卒業に対する思いを、まとめておくだけの記事です。


正直な気持ちをつづらせていただく分だけ、読んでいて不愉快に感じられる方もいらっしゃると思います。あらかじめお詫びしておきます。特に今回の記事の内容は、個人的な思いの部分が多く、おふたりの卒業と関係ない話も多いです。

この記事に書いていることは、ただの1ファンの思いでしかなく、すべて事実と確認できる根拠もまーったくありません。こんなふうに感じたファンもいるんだな、程度に思ってもらえれば助かります。

斎藤ちはる 相楽伊織
出典:ありがとうございました | 乃木坂46 斎藤ちはる 公式ブログ

 

 

 

相楽伊織の卒業

アイドルグループに所属する以上は、グループからの卒業はいつかは通らなければいけない過程の1つです。

正直言うと、ほかのメンバーの卒業はある程度覚悟していましたが、まさか相楽伊織さんの乃木坂46からの卒業は、個人的にはまったく想定外のことでした。

「乃木坂屈指の長身なスタイルのよさを誇る伊織ちゃん。」
これが嘘偽りない、わたしが持つ相楽伊織さんへのイメージでした。


2期生の最後に加入したにも関わらず、加入してすぐに11thシングル『命は美しい』での選抜入りは、乃木坂の新しい可能性を感じさせました。

昨年の「アイドル顔だけ選手権」で全アイドルの中からなんと8位にランクインし、そのアイドルとしての適性の高さが認められました。

伊織ちゃんのスタイルのよさは、男性ファンだけでなく女性ファンからもあこがれられることでしょうし、20歳となられた現在、梅澤美波さんとともに、確実にファッション誌の次期専属モデルに抜擢されることになるだろうと、勝手に思い込んでいました。

f相楽伊織 モデル
出典:日本テレビ「NOGIBINGO!4」#2

特に最近更に痩せられて、ますますその美貌に磨きをかけられていますからね。


容姿だけでなく、内面も愛嬌がある天然ちっくなおもしろキャラで、愛され要素が満載です。北野日奈子さん休養中には毎日北野さんと連絡をとり、休養という加入以来最大の危機的状況を、共になって乗り越えていたことが明かされました。


一方結構毒舌でもありメンバーに指摘する場面もおもしろく、寺田蘭世さんに向かって
「本当に気が強すぎて1個言うと10個も返ってくる」と発言し、アンケートだったはずなのに、自ら投票したことがばれてしまう場面もありました。

出典:テレビ愛知「乃木坂工事中」#123

とっても明るく人柄もよく、そして2期生への気遣いだけなく、みんなを観察してちゃんとメンバーへの指摘もできる、2期生のクッション役というように、1ファンのわたしの目には映っていました。

まさしく「これから」。アイドル界屈指の資質を兼ね備えていて、努力を続けていた分だけ大きく成長し、あとはブレイクのチャンスの順番を待っているだけ、という認識のメンバーでした。

そんな中、相楽伊織さんの卒業が発表されました。

ご本人としてはきっと長い間とても悩まれていたことでしょう。
乃木坂メンバーとして、国民的アイドルの安定した地位を選ぶのではなく、新たな可能性を探してのグループ卒業の決断は、尊重されるべきだしとても尊敬してしまいます。


ただ、卒業自体はおめでたいことではありますが、個人的にとても複雑な思いをもってしまったことも、乃木坂の1ファンとしての正直な気持ちです。

 

 

斎藤ちはるの卒業

斎藤ちはるさんは1期生として乃木坂加入後、個人的には乃木坂46になくてはならないメンバーでした。

生田絵梨花さん中元日芽香さんとの中3組、そしてバラエティの分野では、とってもおもしろい乃木坂のジャイアンキャラとして、唯一無二の存在としていつも輝いていました。

歴史ある番組でもある「世界ふしぎ発見」では、乃木坂初のミステリーハンターを務められ、そして歌唱力においては歌がうまい乃木坂メンバーの中でも、トップクラスの実力を誇るメンバーでした。

一番最初に斎藤ちはるというメンバーを意識したのは、2ndシングルアンダー楽曲『狼に口笛を』の南流石さんの激しい振り付けを、懸命に踊るちはるさんの姿でした。
 


あれは、現在見返してみても、本当にすごいです。時はももクロの一生懸命な振りの全盛期のころでしたが、まったくももクロに負けない乃木坂アンダーメンバーのパフォーマンスを見て、個人的にはなぜか心の奥深くでメンバーの思いが共鳴し、感動して涙が溢れてしまいます。

『狼に口笛を』という楽曲は伊藤万理華さんセンター楽曲ではありますが、この楽曲のパフォーマンスといえば、一番目をひく存在が、わたしにとっては斎藤ちはるさんでした。

それからというもの、ミステリーハンターに選ばれたみかけの美貌に反して、乃木坂の楽屋番長として齋藤ちはるというメンバーには、本当に笑わせてもらったし、とても楽しませてもらいました。 


もうひとつ斎藤ちはるさんの実績として、絶対忘れてはならないのが、乃木坂を最初に東京ドームに導いたメンバーだということです。

2013年第36回PEARL BOWLでの乃木坂のパフォーマンスは、ちはるさんのお父さんつながりで舞い込んだ東京ドームで初めてのパフォーマンスでした。ちょうどその時、ある事情でその場にいたのですが、その雄姿への感動は決して忘れることはありません。
 

ご自身が認められた公式な情報ではありませんが、ちはるさんは某キー局アナウンサーに見事合格されたという報道もありました。

出典:テレビ愛知「乃木坂って、どこ?」#162

もしアナウンサーというもうひとつの夢をかなえられる場合には、来年の入社を見据えて大学4年生の夏休みから、アナウンスの研修をされることを考えると、このタイミングでの卒業と合致します。

未確定な情報ではありますが、某キー局はAbemaTVとも提携されていて、バラエティには定評がありつつも、バラエティ班の女性アナウンサーが比較的薄いと感じているキー局でもあります。

すぐに即戦力として、持ち前のユーモア精神と唯一無二のおもしろい感性を生かして、過去のアイドル出身のアナウンサー以上に大活躍されることでしょう。Mステでの乃木坂との競演も、どうしても夢見てしまいます。

ソールがゆく

出典:AbemaTV「日村がゆく」#051

AbemaTV「日村がゆく」での、公式おにいちゃんとの共演も、また新しい目標としてとても楽しみです。

ただし、そんな貴重なメンバーだったはずのちはるさんの選抜入りは、同じ中3組の生田絵梨花さんセンターの『何度目の青空か』のなぜか1回のみ。

アイドルとして個性的に成長して、乃木坂というグループにとって大きい役割を担っていたはずの斎藤ちはるというメンバーが、選抜の舞台で開花しないまま、乃木坂46から失ってしまうこともまた、実際に起こってしまった悲しい現実です。
 

 

2人の卒業の共通点

おふたりのメンバーの共通点は、ずーっとアンダーの舞台で努力しながら活躍をしてきたメンバーという点です。ファンの認知度は高いメンバーではありますが、残念なことに選抜メンバー入りは1回ずつとなってしまいました。


いうなれば乃木坂7年の歴史の中で、アンダーの舞台で努力しながらチャンスの順番が回ってくるのを、ひたすらずっと待ちわびていたメンバーでもありました。

個人的には、選抜常連メンバーとして活躍する斎藤ちはるさん、相楽伊織さんが見れなかったことが正直心残りでもあります。

 

選抜メンバーの選抜基準

このへんからいつものように話があやしくなっていきます。

選抜メンバーの選考方法については、このブログでは何度となく書いてきました。


細かいことは各記事の記載を確認いただくとして、一言で端的に表すのであれば、選抜メンバーを選ぶ基準は「意図」もしくは「思惑」として、今回は表現してみたいと思います。

いつも例に出してしまって申し訳ないのですが、例えば齋藤飛鳥というメンバーの乃木坂結成時のころを見てみると、確かに幼くはありましたが、当時からまるで存在感が違い、時折見せる大人びたどきっとするような表情に、後に乃木坂を背負っていくであろうことは、当時であっても容易に想像がつきます。

齋藤飛鳥 二度目のデート
出典:齋藤 飛鳥×阿相クミコ、山田一仁「二度目のデート」 - YouTube


ただし本当に残念なことなのですが思春期を迎え、選抜メンバーの常連になることができず、苦悩と努力の日々を送ることになってしまいます。

そんな苦難な環境であっても献身的な努力を続け、そしてようやく認められ、今では1、2を争う人気メンバーまで成長されました。

乱暴な言い方をすると、選抜メンバーの選抜には、見えない力による意図、見合えない力による思惑が感じられます。選抜に選ばれると露出が多くなる分だけ、ある程度の人気は維持できることでしょう。

そのため選抜に選ばれる重要な要素は人気ではなく、メンバーのプライベートな状況であるとか、忙しい環境におかれても大丈夫な環境とか、今後を見据えたメンバーの育成方針であるとか、それ以外のことなど、初期の頃には特にファンから見えない力の思惑が、選択基準にあったように個人的には感じます。

これが100%悪いと言っているわけではありません。営利企業である限りは、未来を見据えて計画したり、投資したり経営方針をもっていたりするのは当然のことです。その場限りの判断はしません。未来を見据えて、長期的なビジョンで組織の運営管理を行う必要があります。

 

乃木坂メンバーのビジュアルの違い

このへんもなかなか共感されないところなのですが、もともとアイドルファンではなかったわたしにとって、どうもビジュアルはあまり重要な要素ではないらしく、乃木坂ファンブログでありながら、読者の方のニーズが大きい、メンバーのビジュアルを扱った記事がまったく書けません。ごめんなさい。

乃木坂メンバーといえば、正直に思ったことを表現すると、全員のメンバーの容姿が優れていて美しいと本当に思います。

でも、誰が一番きれいとか、誰が劣っているとか、わたしレベルの美的感覚では、人間界最上位の美の共演の違いなんか、レベルが高すぎてまーったくわからないのです。


出典:テレビ愛知「乃木坂工事中」#137


ただ、それぞれのファンがあるメンバーのことを、どストライクと思うのは、正直性格による相性とか、遺伝子レベルの自分にない優性遺伝子の存在とか、そういう問題ではないかと本気で思ってしまいます。

何を言いたいかというと、全員が美しい乃木坂メンバーのうち、誰を選抜メンバーに推してブレイクさせるのか、その思惑は全員が美しい分だけ、すべてが偶然の産物に過ぎなかったと思うのです。

もう一度当時に戻って乃木坂結成時の選抜メンバーを選んだ場合、確実に選抜メンバーは変わってくると思えるような、偶然の一致だったように思えてなりません。 もちろん個人的な見解です。

出典:TBS「世界ふしぎ発見!」

残念ながらちーちゃんも伊織ちゃんも、乃木坂の選抜の舞台で継続して活躍する姿を見ることはできなかったのですが、その分だけアンダーという選抜と同レベルの別動隊の舞台で苦労して努力し続け、光り続けていたメンバーであることにはまちがいありません。

思惑と思いの隔たり

もうひとつ、よくなさそうな個人的な思いを書き残しておきます。

選抜を目指して7年もの長い間努力をしても、見えない力によって報われないメンバーが今なお存在します。

例えば、選抜常連の大学生のメンバーは学校を退学、休学される選抜メンバーが多く、在学中だと仕事との両立の問題から、選抜メンバーに選ばれる可能性が低くなってしまうと以前の記事で分析してみました。

また、メンバーくらいの年代だと当たり前のはずの恋愛の話題も、選抜メンバー入りにはなぜかマイナスで、もし選ばれたとしてもポジションに影響するという方針も、これまでの経緯から見えてきます。

自分に原因がなく、見えない力によるただただ偶然の一致で選抜メンバーを漏れ、長年アンダーで努力を続けてきたメンバーも、その努力が報われないといつかは必ず限界を迎えます。「大量離脱」あってはならないことですが、何度もこの言葉を身を切られるような思いで綴ってきました。

精神的に安定して頑張ることができる要素であるはずの、未来のビジョンが見えないからです。

アイドルグループの適正人数

このところの3期生四天王(いもうと坂)の選抜入り、そして次期4期生の募集に危機感を覚えた既存のメンバーも、正直きっと存在したことでしょう。

4期生についてもアイドルファンではない、1個人の乃木坂ファンからしてみると、やっぱり4期生の募集時期が、早過ぎるような気がしてしまいます。

全員の容姿が美しい分だけ、これまで乃木坂メンバーは、その個性でメンバーが差別化され、乃木坂ファンに受け入れられてきた経緯があります。

個人的には一番乃木坂にひかれた点は、まちがいなくメンバーの個人の個性でした。決してよくない点があったとしても、そのよくないところも含めて、その個性にひかれるのが本当の魅力だと思います。
 


3期生の本格加入から1年半。まだまだファンに全員の個性を訴求するには、やっぱり期間が短く感じてしまいます。

特に3期生は未来を背負う、とってもいいメンバーが加入しましたからねぇ。年齢の幅もあるので、できればもう少し個性の差別化に時間がほしかったところです。


また、アイドルグループファンではないわたしには、現在の42人のメンバーでも正直多すぎます。

それぞれの個性の魅力を把握して、活動を楽しみにするには42人は多すぎて、すべての活動を消化できません。ましてや欅坂まで広げるにはまったく時間が足りず、それぞれひとりひとりのメンバーの個性の魅力を感じて、限られた範囲で活動を楽しむので精一杯です。

きっとコアなアイドルファンではない層では、わたしのようなファンもきっと存在することでしょう。

今回の4期生の募集は欅坂の3期生と同時募集で、インフルエンサーが世間に流行を伝えるときに用いる、センセーショナルな話題作りも意図されていたと推測します。
 


もっともっと乃木坂、欅坂でブームを巻き起こすための手段としては、センセーショナルな手段は、とても有効だったことでしょう。


ただ、あまりにも人数が多くなってしまうと、メンバーという貴重な資源が溢れて、一時期のブームでおわってしまうメンバーもでてくることでしょう。

人数が多すぎると、人気メンバーと新しいメンバーだけにスポットが当たり、長年努力してきたメンバーのチャンスの機会や存在意義を、一層奪うことにもならないか心配なのも率直なわたしの気持ちです。

結果的に個性の差別化をする間もなく新しいメンバーが加入し、次のメンバーに興味関心が移る分だけ、メンバーが旬の時期として活躍できる期間が短くなり、実質のアイドル活動期間が短くなるリスクも存在します。

ひとりひとりのメンバーが大切で、少なくともひとりひとりの個性が一番重要だと思っているわたしとしては、残念ながらメンバーの大人数化は、ファンとして情報を処理できない分だけ望んでいません。
 

 

同様にメンバーのみなさんにとっても、どんどん人数が多くなることについて、危機感を持ったとしても不思議ではありません。

選抜に選ばれないメンバーが多い分だけ、本来は適性が高いアイドルという場所が、現在の偶然の積み重ねという途中経過をたどった環境の中で、不幸なことに本来の輝きをはなっていないメンバーも存在するのが現実です。

輝ける場所

斎藤ちはるさん、相楽伊織さんは、そんな不遇な状況でも気持ちを切らすことなく、長年努力を続けられてきました。正確に言うと現在もなお、努力を続けられています。

不遇な環境であっても努力を続けられたことは、未来につながるご自身の個性の魅力のスキルとして培われたことでしょう。

今という現在はあくまで、未来の結果に向けての通過点でしかありません。現在見えている結果も、未来の幸せまで続く途中経過に過ぎません。

斎藤ちはるさんは噂レベルの話ではありますが、バラエティのアナウンサーとして、かつてないほどの、輝きをはなたれる未来が見えてくるような気がします。

相楽伊織さんは、乃木坂を卒業しても、おしゃれな女の子として世に存在することは間違いありません。未来の可能性が拡がっている分だけ、どんな活躍をしてどんな分野で活躍されるのか、今からとても楽しみです。

乃木坂でたまたま偶然の一致で不遇な期間を送られたかもしれませんが、おふたりの持つ魅力はこんなものではなく、環境を変えるだけで第一線でスポットライトを浴びる未来の可能性に溢れています。


出典:日本テレビ「NOGIBINGO!4」#2


今回のおふたりの勇気ある卒業は、おふたりが新たな環境で、これからの未来に輝ける場所を自ら選択するという意味で、とても賞賛されることだと思います。

一方、乃木坂というグループにとってみれば、おふたりの貴重なメンバーを失うことの損失はとても大きく、今回の卒業の発表はおめでたいという思いよりも、個人的にはショッキングな出来事でもありました。

でも、よーく考えてみると、わたしが見たいのは乃木坂でのおふたりの姿というよりも、おふたりの個性が表舞台で輝いている様子が見たいのです。

乃木坂でたまたま報われなかった分だけ、わがままかもしれませんが、どうしても第一線で輝いているところが見たいと思います。

f:id:faceflog:20180521213144j:plain
出典:ありがとうございました | 乃木坂46 斎藤ちはる 公式ブログ


それぞれ幸せのかたちやゴールは全く違いますので、それが表舞台ではないのかもしれません。ただ、この世界のどこかで、斎藤ちはる、相楽伊織というメンバーがそれぞれの幸せのかたちの中で、輝いていると思うとうれしくなるのも確かです。

おふたりの乃木坂卒業の勇気ある決断を賞賛するとともに、これまでの乃木坂でのすべての活動に対して、お礼を言いたいと思います。

乃木坂に存在してくれてありがとうございました。

今回も話が脱線し、また余計なことまで書いてしまったので、ご批判もあるかと思います。また、ちゃんと思いをまとめることができず、申し訳ありません。

あくまで1ファンの思いをつづっただけで事実を伝えるニュース記事ではないことはご理解いただけると助かります。

以上今回のかえるがおはおしまいです。
がっくしっと。